セミナー

・「中国経済と日中関係の行方」柯隆氏
11月6日開催

・「日銀『金融システムレポート』解説」中村康治氏
11月7日開催

・「ジョコウィ政権発足後のインドネシア経済展望」佐藤百合氏
11月14日開催

・「産業の未来を占う―凋落した電子産業からの教訓」西村吉雄氏
11月20日開催

・「デフレ脱却を目指して」渡辺努氏
11月21日開催

大阪支所

・「住宅市場の動向と将来展望 ― 空き家対策の視点もふまえて」米山秀隆氏
10月23日開催

・シリーズ 現代中国を知る 第5回「高まる中国の産業競争力」苑 志佳氏
11月7日開催

・「景気点検講座」福澤恵二氏
11月13日開催

大阪昼食会「気候変動と環境ビジネス」小林 光氏
11月20日開催

・≪日経センター短期経済予測説明会≫竹内淳
11月27日開催

受託研究・調査
日本経済新聞社との共催

日経・経済図書文化賞

円城寺次郎記念賞

地域とアジアの架け橋研究会 日経GSRプロジェクト 日本経済新聞電子版 日経TEST

随時実施の団体受験 受付中

まナビ!

日本シンクタンク協議会 Get Adobe Reader

SCT SECURE - Secure Site
10月23日

西岡幸一の産業脈診「ノーベル賞社員を2人生んだ会社」

10月23日

深尾光洋の金融経済を読み解く「なぜ需要不足による失業が発生するのか」

10月22日

岩田一政の万理一空「アベノミクスと欧州経済への意味合い」

10月22日

【訪朝レポート】「北朝鮮の経済改革で新たな動き トップが号令、『市場化』進む特区」、「制裁解除を待ちわびる北朝鮮企業 脱中国依存へ、貿易多角化を推進」伊集院敦

10月21日

中国経済リポート「中国、固定資産投資の伸び鈍る―鉄鋼の余剰設備廃棄が進む」(室井秀太郎)

10月17日

経済百葉箱第73号「増税後の消費動向は“東高西低”―低所得者層の抑制姿勢が格差の背景に」

10月17日

小峰隆夫の私が見てきた日本経済史「経済摩擦と経常収支不均衡(5)―続・経済摩擦をめぐる議論:相手に一理編」

10月16日

齋藤潤の経済バーズアイ「景気の現状を評価する」

10月15日

世界景気インデックス「8月 世界は4カ月連続で『雨』 ― 米中欧が悪化、アジアでは生産回復も」

10月15日

小島明のGlobal Watch「筆頭株主となった外国人投資家と日本企業のガバナンス改革」

9月10日

2015年度研修生募集―10月24日に説明会開催 
研修制度は若手・中堅社員を対象に、経済の分析力を高め、先行きを読む力を養うことを目的としたプログラムです。経済予測などの実践訓練を通して、数字に強く、論理的な思考や判断力を持つ人材を育成する15年度研修プログラムの説明会を開催します。

9月1日

日本経済研究センター研究奨励金の募集を始めます(10月31日受付締切)
経済学およびそれに関連する学問分野(特に社会学)の研究を対象とします。受付期間:9月1日〜10月31日。

経済予測を活用したい
研究リポートを読みたい

・政策提言「東京金融シティ構想の実現に向けて」(5月16日) 骨子pdf提言pdf詳細pdf

・成長を呼び込む税制改革提言「法人税率 10%引き下げを」(5月23日)

・研究員報告:【訪朝レポート(上)】北朝鮮の経済改革で新たな動き  トップが号令、「市場化」進む特区 伊集院 敦(10月22日)pdfNEW

・研究員報告:【訪朝レポート(下)】制裁解除を待ちわびる北朝鮮企業  脱中国依存へ、貿易多角化を推進 伊集院 敦(10月22日)pdfNEW

・研究員報告:【中国経済リポート】中国、固定資産投資の伸び鈍る―鉄鋼の余剰設備廃棄が進む 室井 秀太郎(10月21日)pdfNEW

・経済百葉箱:「正常化」は道半ばの欧州金融市場 宮嶋 宏臣,<監修>短期予測班主査:竹内 淳、 副主任研究員:田原 健吾(10月1日)

・産業ピックアップ:消費税に揺れる産業景気−海外要因で明暗も 監修: 猿山 純夫,竹内 淳(9月25日)

・研究報告書:ニーズ掴み、チームを生かす人材が鍵 玄田 有史(3月31日)

・金融研究:検証 異次元緩和 ―2013年度金融研究班報告― 岩田 一政,左三川(笛田) 郁子(3月18日)

・アジア研究:メコン圏経済の新展開 代表 牛山 隆一(3月1日)

・アジア研究:ASEAN経済と中所得国の罠 浦田 秀次郎(12月25日)

・アジア研究:習近平体制1年の成果と課題 関 志雄(12月24日)

研究員報告 ■経済百葉箱 ■JCER Paper ■JCER Review ■Discussion Paper ■研究報告書 ■アジア研究 ■金融研究 ■産業ピックアップ ■日本経済の再設計

出版物を入手したい
経済のわかる社員を育てたい

会員企業・団体から研修生を受け入れており、1400人以上の卒業生が経営幹部やエコノミストとして活躍しています。

詳細はこちら ライブラリー

経済関連の図書や統計資料など6万冊を所蔵しています。
会員の方は検索も可能です。

蔵書検索はこちら 日経センターとは

会員制の民間シンクタンクとして1963年の事業開始以来、実証的な経済研究で、戦後経済の発展に貢献してきました。
採用情報
◆会員参加型研究会第3弾−「地域とアジアの架け橋研究会」
◆パブリシティー
新聞・雑誌、テレビ等メディアに取り上げられた日本経済研究センターの活動をご紹介します。詳細はこちら

詳細はこちら
入会のご案内 企業や団体、大学など法人単位でご入会いただけます。
JCER NET メンバー ID・パスワード
新規登録
ID・パスワードを忘れた方
アベノミクスと欧州経済への意味合い
2050年への構想
建設機械工場、購入電力の9割減可能にNEW!
ESPフォーキャスト
14年度実質成長は0.34%に低下―景気後退の可能性強まる(10月調査)NEW!

連載対談

斎藤主幹が聞く 暴論?正論?「浅薄な日本高齢化衰退論」小宮山宏氏(9月8日)NEW!

連載 リポート

山田剛のINSIDE INDIA「政治よりもビジネス―モディ外交第1幕」(10月8日)NEW!
林秀毅の欧州経済・金融リポート「スコットランド住民投票が示唆するもの」(10月9日)NEW!
アクセスランキング
<9月1日-30日>
1. ESPフォーキャスト9月調査
2. 「大学(生)が多すぎる?」
3. 過度の円安と自国窮乏化効果
詳細はこちら

PDF形式の経済予測、研究リポート、会報、学術誌の論文が対象です。

会報

2014.10 大阪で「マクロモデル研究会」
※スマートフォンでもご覧いただけます

会報最新号
AEPR

日本初の英文政策提言誌です

AEPR最新号
日本経済研究

日本でも指折りの公募論文誌です

日本経済研究最新号
日本経済研究センター 研究奨励金 JCER アーカイブス