日銀マイナス金利導入

QQE限界近づく中で「ゼロ金利制約」打破

JCER推計の12月GDP

前月比▲1.1%、2ヵ月連続で減少

内需、外需ともマイナス寄与、個人消費不振続く

セミナー

景気討論会(福岡)
3月7日開催申込受付中

経済動向研究会
16年度 参加者募集中

NEW「『一億総活躍社会』実現のための経済政策を考える」デール・ジョルゲンソン米ハーバード大教授ほか
3月16日開催

・「日経センター短期経済予測説明会」竹内淳
2月23日開催

・日経センター金融研究説明会「マイナス金利政策の限界」岩田一政、左三川郁子
3月2日開催

・集中セミナー:逆風下の地方創生 第4回「ICTは切り札か」岡素之氏ほか
3月8日開催

大阪支所

・≪日経センター「アジア研究」報告≫「北朝鮮リスクと日韓協力」平岩俊司氏、伊集院敦
2月10日開催

・≪日経センター短期経済予測説明会≫竹内淳
2月24日開催

・「米金利引き上げ後の世界と日銀の政策」竹中正治氏、左三川郁子
3月4日開催

受託研究・調査
日本経済新聞社との共催

日経・経済図書文化賞

最高の経済書を顕彰します。

円城寺次郎記念賞

地域とアジアの架け橋研究会 日経GSRプロジェクト 日本経済新聞電子版 日経TEST

随時実施の団体受験 受付中

まナビ!

日本シンクタンク協議会 Get Adobe Reader

SCT SECURE - Secure Site
2月9日

齋藤潤のJapanese Economy Update“ What Should We Make of the QQE-NIR?”

2月5日

経済百葉箱第88号「米国インフレ2%達成は可能か?―原油安が期待インフレ率に低下圧力」

2月2日

【AEPR】「アジアにおけるスポーツの経済学」を発刊/次号ワーキングペーパーも掲載
英文ジャーナルAsian Economic Policy Review(AEPR) 第11巻第1号 「アジアにおけるスポーツの経済学」を発刊。2016年7月発刊予定の「コネクティビィティ(連結性)とインフラ」のワーキングペーパーはこちら

2月1日

<速報>日銀はマイナス金利導入でゼロ金利制約を打破 ―金融機関の収益、2000億円程度の押し下げも
【訂正】1月29日発表のpdfファイルの図表3に一部誤りがありましたので、2月1日に差し替えました。お詫びして訂正いたします。
<関連セミナー> 東京:3月2日大阪:3月4日

2月1日

月次GDP「12月のGDP、前月比1.1%減―内需、外需がともにマイナス寄与」

2月1日

会報2月号、フォーカス「アジアにおけるスポーツの経済学―1月発行のAEPRから」
2016年2月-3月セミナーのご案内(パンフレット)

1月28日

山田剛のINSIDE INDIA「『多軸的連携』によるインド新思考外交―第一弾はロシア、アフリカ、そしてイラン」

1月28日

【アジア経済短期予測】「アジアに債務の重荷、中国6%台前半に減速」
2016年は中国が6.4%成長に減速、その影響などでASEAN4カ国(インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン)の成長率も横ばいにとどまるとみています。
※1月28日付の日本経済新聞朝刊国際面、2月1日付の総合・経済面に関連記事が掲載されました。

1月27日

大竹文雄の経済脳を鍛える「社会保障制度に行動経済学を活かす」

1月27日

2015年度アジア研究報告書「北朝鮮リスクと日韓協力」全文掲載
<関連セミナー> 大阪:2月10日

経済予測を活用したい
研究リポートを読みたい

・政策提言 「メガ・リージョナリズムの時代研究会」 「《TPP合意と通商政策》早期批准で「メガ」拡大主導を―投資・競争の土俵整備へ大きな一歩、TPP活かす国内改革・基盤整備を」(11月27日)pdf

・経済百葉箱:米国インフレ2%達成は可能か? 武久太一 ,<監修>短期予測班主査:竹内 淳、 副主任研究員:松岡秀明(2月5日)NEW

・金融研究:<速報>日銀はマイナス金利導入でゼロ金利制約を打破 金融研究班 (1月29日)

・金融研究:2015年度金融研究班報告B 金融研究班:肝付卓也 ,左三川(笛田) 郁子,高橋 えり子,<監修>総主査:岩田 一政(1月22日)

・研究員報告:【中国経済リポート】中国、金融政策の余地乏しく―財政出動で景気てこ入れへ 室井 秀太郎(1月19日)pdf

・研究員報告:軍事政権下、安定に向かうタイ 安価な労働力求め企業は周辺へ 上原 正詩(1月7日)pdf

・経済百葉箱:フィリピン経済、出稼ぎと事業受託を源に高成長維持 南毅 ,<監修>短期予測班主査:竹内 淳 (1月7日)

・研究員報告:産業集積進むカンボジア 国境に「時計村」「自動車部品村」構想 上原 正詩(1月5日)pdf

・産業ピックアップ:内需足踏みを円安でしのぐ−医療介護は事業環境厳しく 監修: 猿山 純夫,高野 哲彰(12月22日)

・研究員報告:外国人観光客の取り込みで経済の活性化を 湯浅 健司(12月17日)pdf

・経済百葉箱:円安で高まる高齢世帯の実感物価 高野哲彰 ,<監修>短期予測班主査:竹内 淳、 副主任研究員:松岡秀明(10月30日)

・経済百葉箱:日本の輸出の重荷となる内外の構造要因 小川優典 ,<監修>短期予測班主査:竹内 淳、 副主任研究員:松岡秀明(10月13日)

・経済百葉箱:15年基準CPI改定の影響は軽微か 井上 恵理菜,<監修>短期予測班主査:竹内 淳、 副主任研究員:松岡秀明(9月29日)

・経済百葉箱:中国の真の実質GDP(Real Real GDP)を探る 松岡 秀明,南 毅,田原 健吾,<監修>短期予測班主査:竹内 淳 (9月28日)

・研究報告書:老いる都市、「選べる老後」で備えを ―地方創生と少子化、議論分けよ 小峰 隆夫(7月31日)

・アジア研究:変容する中国ビジネス――日本企業の進路 遊川 和郎,北原 基彦(3月30日)

・アジア研究:習近平体制の中国と日本 関志雄、朱建栄 (12月25日)

研究員報告 ■経済百葉箱 ■JCER Paper ■JCER Review ■Discussion Paper ■研究報告書 ■アジア研究 ■金融研究 ■産業ピックアップ ■日本経済の再設計

出版物を入手したい
経済のわかる社員を育てたい

会員企業・団体から研修生を受け入れており、1400人以上の卒業生が経営幹部やエコノミストとして活躍しています。

詳細はこちら ライブラリー

経済関連の図書や統計資料など6万冊を所蔵しています。

蔵書検索はこちら 日経センターとは

会員制の民間シンクタンクとして1963年の事業開始以来、実証的な経済研究で、戦後経済の発展に貢献してきました。
採用情報
◆政策提言「2050年への構想」
◆パブリシティー
新聞・雑誌、テレビ等メディアに取り上げられた日本経済研究センターの活動をご紹介します。詳細はこちら
◆お問い合わせはこちら

詳細はこちら
入会のご案内 企業や団体、大学など法人単位でご入会いただけます。
JCER NET メンバー ID・パスワード
新規登録
ID・パスワードを忘れた方
米国は、ゼロ金利制約脱出に成功するか?
2050年への構想
《エネルギー・環境・情報通信技術》電力自由化、安定供給から効率投資へ転換促すNEW!
ESPフォーキャスト
新年度日本経済は15年度より全般的に改善(1月調査) NEW!
Jcer in News

連載 リポート

山田剛のINSIDE INDIA「多軸的連携によるインド新思考外交」(1月28日) NEW!
林秀毅の欧州経済・金融リポート2.0「なぜ欧州中銀の量的緩和拡大は小幅だったのか」(12月10日)
アクセスランキング
<1月1日-31日>
1. 11月のGDP、前月比0.1%増
2. ESPフォーキャスト1月調査
3. 社会保障制度に行動経済学を活かす
詳細はこちら

PDF形式の経済予測、研究リポート、会報、学術誌の論文が対象です。

会報

2016.2 「アジアにおけるスポーツの経済学」
※スマートフォンでもご覧いただけます

会報最新号
AEPR

日本初の英文政策提言誌です

AEPR最新号
日本経済研究

日本でも指折りの公募論文誌です

日本経済研究最新号
日本経済研究センター 研究奨励金 JCER アーカイブス