トップ » センター概要 » 研究スタッフ » 上原 正詩
研究スタッフ一覧へ

上原 正詩(うえはら・まさし)
日本経済研究センター研究本部アジア部長兼主任研究員

専門

イノベーション政策

略歴

1987年、東京大学教養学部卒。89年、同大学院総合文化研究科修士課程修了、学術修士(MA)。1991—92年、英マンチェスター大学(現アライアンス・マンチェスター・ビジネス・スクール)留学、科学修士(MSc)取得。89年、日本経済新聞社入社。大阪経済部、産業部を経て、97−2000年にアジア駐在(シンガポール、バンコク)。東京及び大阪で、エレクトロニクス、コンテンツ・メディア、環境・新エネルギー、食品・農業などの業界を担当。15年から日本経済研究センター主任研究員。17年、アジア研究本部部長兼主任研究員、18年から現職。

著書

・「『農』を変える企業」(日経産業新聞編、1996年)
・「ドキュメント 知財攻防」(日経産業新聞編、2003年)
・「一歩先行く関西流 アジアビジネス成功の極意」(日本経済新聞社大阪経済部編、2006年)
・「ニュース英語攻略のためのキーワード50」(The Nikkei Weekly編、2010年)

研究員報告など

・シリーズ企画「送金ウォーズ」
【上】「成長続く国際送金市場 フィンテック企業参入で競争激化」(2018.6.5)
【下】「ブロックチェーン送金が登場 フィリピン、世界の縮図に」(2018.6.6)

「マレーシア政権交代、物価高・汚職に都市部反乱−中国関連事業を見直し、タイには心理的影響も」(2018.5.17)

・シリーズ企画「インド創業旋風」
第1回「スタートアップ急増、世界に伍す−スマホ利用急拡大、人材蓄積が強みに」(2018.5.7)
第2回「バンガロール、フィンテック隆盛−AIやIoTなどディープテックも注目」(2018.5.8)
第3回「デリー、衛星都市と起業ハブ結成−工科大学やIT業界団体が旗振り」(2018.5.9)
第4回「アーメダバードなど地方にも拡大−ジャイプルでは社会起業家育成」(2018.5.10)

「高学歴失業に悩むアジア 教育と雇用の不一致解消に努力」(2018.4.11)
「タイ、デジタル政策『タイランド4.0』推進−デジタル・パークにIoT研究所、投資呼び水に−ベトナムのイノベーション力に危機感」(2017.9.7)

・シリーズ企画「中国創業革命」
第1回「深圳、中国の『新シリコンバレー』に−電気自動車、ドローンなど新ハイテク産業集積」(2017.7.26)
第2回「深圳発、モノ作りスタートアップの作り方−華強北のアクセラレーター『HAX』の挑戦」(2017.7.31)
第3回「杭州、浙江大学人脈にアリババが加勢−『夢想小鎮』に『大衆創業』で800社集結」(2017.8.2)
第4回「国際都市上海、スタートアップも国際的−チャイナクセラレーター、Xノードなど育成競う」(2017.8.4)

「アジア通貨危機再来はあるか?−購買力平価ではリンギ除き割高−ルピア、リンギの脆弱度高く、人民元にも不安」(2017.3.31)

・シリーズ企画「シンガポール、起業国家への挑戦」
第1回「『ブロック71』にスタートアップ集積−シンガポール国立大、海外企業留学が奏功」(2017.1.4)
第2回「世界のアクセラレーターも集積−起業家に経営指導、ディープテックで成功再現」(2017.1.6)
第3回「フィンテック産業育成へ祭典開催−金融通貨庁、起業家と金融機関の交流促す」(2017.1.12)
第4回「アジアのフィンテック企業が法人設置−VCなどからの資金調達が狙い」(2017.1.18)

「タイのプミポン国王死去の影響−『奪われた10年』は長期化へ−王位継承不安が海外投資などに悪影響」(2016.10.17)

・シリーズ企画「フィンテック in 香港」
上「交流イベントに世界から500人超集結−中国企業が先導するサービス革新」(2016.6.10)
下「官民のインキュベーターが活躍−スタートアップ企業を吸引」(2016.6.13)

・シリーズ企画「南部経済回廊ルポ」
上「産業集積進むカンボジア−国境に『時計村』『自動車部品村』構想」(2016.1.5)
下「軍事政権下、安定に向かうタイ 安価な労働力求め企業は周辺へ」(2016.1.7)

「米利上げ観測で浮上するマレーシア・リスク−アジア・新興国通貨の脆弱性分析」 (2015.10.13)
  
中期予測
「デジタル・アジア5.0――イノベーション力が変える勢力図」第3回アジア経済中期予測(2017.12.5)
「アジア、2030年への道筋−難局続く中国経済 第6章『スタートアップ経済』来たる−中印が先導するアジアの起業投資」第2回アジア経済中期予測:中国・ASEAN4(2016.9.27)

短期予測
「輸出好調で楽観ムード拡大―金利上昇とスマホ失速に懸念」第7回アジア経済短期予測:中国・ASEAN4(2018.2.28)
「スマホ景気でアジア経済好調−輸出増で予想を上方修正−下期は金融、『戦争』リスクも」第6回アジア経済短期予測:中国・ASEAN4(2017.8.28)
「トランプ政権誕生、リスク増すアジア経済−足もとは輸出回復、17 年は内需が牽引−米国、国境調整措置導入なら中国、ASEANとも0.2 ポイント押し下げ」第5回アジア経済短期予測:中国・ASEAN4(2017.2.27)
「Brexitで不透明感増すアジア経済−マレーシアは16年4.1%に減速−各国、金利引き下げで景気刺激へ」第4回アジア経済短期予測:中国・ASEAN4(2016.7.27)
「アジアに債務の重荷、中国6%台前半に減速」第3回アジア経済短期予測:中国・ASEAN4(2016.1.27)