トップ » センター概要 » 研究スタッフ » 小林  光
研究スタッフ一覧へ

小林  光(こばやし・ひかる)
日本経済研究センター特任研究員

専門

環境経済 環境まちづくり

略歴

1973年 慶應義塾大学経済学部卒業
1979年 フランス国立パリ12大学都市研究所(3ieme Cycle)入学
1981年 同研究所満期退学
2010年 東京大学大学院都市工学科(都市持続再生学コース)修了

1973年 環境庁入庁
1985年 北九州市環境事業局産業廃棄物指導課長
1997年 環境庁地球環境部環境保全対策課長(京都議定書交渉担当)
2005年 環境省地球環境局長
2006年 同・官房長
2007年 同・総合環境政策局長
2009年 環境事務次官
2011年 慶應義塾大学教授(現職)
2011年 日本経済研究センター特任研究員(兼職)
2012年 日本経済研究センター研究顧問
2015年4月より現職

著書・論文など

『日本の公害経験−環境に配慮しない経済の不経済』(共著・編集 合同出版、1991年 *英語、中国語、ベトナム語、スペイン語の翻訳あり)
『環境保全型企業論序説』(共著・編集 合同出版、1994年 *英語、中国語の翻訳あり)
『低環境負荷型技術に係る投資事例の研究』(共著 環境研究99号 環境調査センター、1994年)
『京都議定書が今後の環境政策に与える影響』(ジュリスト1130号 有斐閣、1998年)
『自然系エコビジネスを考える』(環境研究114号 日立環境財団、1999年)
『環境ベルマーク(仮称)−環境ビジネスモデルの一つの試み』(環境研究131号 日立環境財団、2003年)
『エコハウス私論−建てて住む、サスティナブルに暮らす家』(木楽舎、2007年)
『住んで分かったエコハウスの自由研究』(日経エコロミーに16回連載 日本経済新聞社、2009−11年)
『低炭素都市−これからのまちづくり』(共著・編集 学芸出版社、2010年)
『低炭素都市に向けた環境省の取組み、そして若干の個人的考察と提案』(地域開発556号 ㈶日本地域開発センター、2011年)