トップ » センター概要 » 研究スタッフ » 八代 尚宏
研究スタッフ一覧へ

八代 尚宏(やしろ・なおひろ)
日本経済研究センター参与/国際基督教大学客員教授、昭和女子大学特命教授

専門

経済政策、労働経済学、社会保障

略歴

・国際基督教大学教養学部と東京大学経済学部卒業後、経済企画庁に入庁。
・在職中に米国メリーランド大学で経済学博士号取得、OECD経済統計局日本・アイルランド室長。
・1992年に経済企画庁を退職し、上智大学国際関係研究所教授を経て、2000年に日本経済研究センター理事長。
・2005年から国際基督教大学教養学部教授を経て現職。労働経済学、日本経済論、法と経済学等を担当。

学会活動

・法と経済学会会長(2007年)

公職

・総合規制改革会議(1998-2006)。労働市場・医療・福祉等の分野を担当。
・安倍・福田内閣での経済財政諮問会議議員で労働市場改革専門調査会等を担当。

受賞

・日経図書文化賞、石橋湛山賞

近著

・「少子高齢化の経済学」、「規制改革」、「労働市場改革の経済学」、「新自由主義の復権」等。