トップ » センター概要 » 研究スタッフ » 高野 哲彰
研究スタッフ一覧へ

高野 哲彰(たかの・てつあき)
日本経済研究センター研究本部研究員

専門

マクロ経済学

略歴

2011年 慶應義塾大学経済学部卒業
2013年 慶應義塾大学大学院経済学研究科修了 経済学修士
2013年 日本経済研究センター研究本部

2014年から現職

論文・レポート(日本経済研究センター)

論文・レポート(他機関)

「将来推計の抜本見直しを〜日本の経済財政社会保障に関する将来推計の課題と将来像〜」共著、東京財団、2012年1月
「我が国の政府貸出が企業の借入コストに与えた影響-DSGEベイズ推計による検証-」慶應義塾大学修士論文、2013年3月
「金融市場の不完全性下における財政政策の効果――真水か政府貸出か」共著、『日本経済の課題と針路 経済政策の理論・実証分析』、吉野直行、亀田啓悟、中東雅樹、中田真佐男(編著)、慶應義塾大学出版会、2015年3月

報告書など

2013年度
中期経済予測『第40回 中期経済予測(2013−2025年度)』(産業連関分析他を担当)
2014年度
短期経済予測SA158〜SA162 コーディネーターを担当
2015年度
産業ピックアップ『内需足踏みを円安でしのぐ−医療介護は事業環境厳しく』監修
地域分析『生き残る地域の条件 サービス産業の「引力」がカギに』監修
2016年度
短期経済予測SA166〜SA168 総括を担当

世界景気インデックス(2013年5月分〜14年1月分まで)
月次GDP(2014年3月分〜15年2月分まで)

セミナー

「生き残る地域の条件―都市集積の「引力」を読み解く」、日本経済研究センター(東京)、2016年6月
「サービス経済化と都市・地域経済」、日本経済研究センター(大阪)、2016年6月
「生き残る地域の条件―サービス産業の「引力」がカギに―」、中部経済連合会、2016年10月

学会報告など

2013年 日本経済学会 春季大会(富山大学)
2013年 日本経済学会 秋季大会(神奈川大学)
2013年 DSGE Conference(京都大学)

所属学会

日本経済学会