トップ » センター概要 » 研究スタッフ » 高野 哲彰
研究スタッフ一覧へ

高野 哲彰(たかの・てつあき)
日本経済研究センター研究本部副主任研究員

専門

マクロ経済学

略歴

2011年 慶應義塾大学経済学部卒業
2013年 慶應義塾大学大学院経済学研究科修了 経済学修士
2013年 日本経済研究センター研究本部
2014年 日本経済研究センター研究本部研究員
2018年 日本経済研究センター研究本部副主任研究員

論文・レポート(日本経済研究センター)

「欧州諸国に学ぶ駆け込み・反動の抑え方―消費増税の価格転嫁に日欧の差―」、共著、経済百葉箱 第81号、2015年4月
「円安で高まる高齢世帯の実感物価―年齢・年間収入階級別物価指数による検証―」、単著、経済百葉箱 第86号、2015年10月
「「グローバル経常利益」で読む企業収益――製造業、稼ぎの4割は海外で 国内足踏みでも最高益」、共著、2016年1月
「人口で健闘した経済圏は―都市の盛衰、成長産業が左右」、共著、2016年3月
「人口減進み「消える産業」も―「密度」が握るサービス業の命運」、共著、2016年3月
「2030年都道府県予測―地域間格差が拡大」、共著、2016年3月
「消えたサービス物価の季節性―2%の物価上昇に不可欠な大幅賃上げ―」、単著、経済百葉箱 第93号、2016年6月
「世界経済の減速で弱まった原油安の恩恵―原油価格の変動に左右されにくい経済構造の構築を―」、共著、経済百葉箱 第99号、2016年12月
「日銀の国債増額ペースが鈍化―それでも残る買い入れ限界のリスク」、左三川郁子との共著、2017年度金融研究報告@、2017年5月
“Pace of Increase in BOJ’s Holding of JGBs Slowing - Does the purchase limit risk still remain?”, with Ikuko Samikawa, Japan Financial Report No.34, MAY 2017
「順調に拡大する日銀のETF買い入れ―満期のないリスク性資産を保有し続けるリスクをどう考えるか」、左三川郁子との共著、2017年度金融研究報告A、2017年7月
“BOJ's ETF Purchases Expanding Steadily - How long will the BOJ hold risky assets with no maturity?”, with Ikuko Samikawa, Japan Financial Report No.35, JULY 2017
「日銀の損失、今すぐ出口に向かうとどのくらいか」、左三川郁子との共著、2017年度金融研究報告B、2017年8月
“What loss will the BOJ incur if it exits QQE right now?”, with Ikuko Samikawa, Japan Financial Report No.36, SEPT 2017
「イールドカーブ・コントロールは政策の持続性を高めた―リスク性資産の買い入れ継続は出口を難しくする―」、共著、2017年度金融研究班報告A、2017年12月
“Yield Curve Control Has Enhanced Policy Sustainability - Exit Made More Difficult by Continuing Purchases of Risky Assets”, with JCER Financial Research Team, Japan Financial Report No.37, FEB 2018
「日銀が直面する金融政策運営のジレンマ―出口を目指しても緩和を継続しても、国民負担につながる恐れ―」、共著、2017年度金融研究班報告B、2018年3月
“The BOJ’s Monetary Policy Dilemma - Fear that whether the BOJ heads for an exit or maintains monetary easing, it will put a burden on the nation”, with JCER Financial Research Team, Japan Financial Report No.38, APR 2018
「次の消費増税は“欧州流”の需要平準化を―価格転嫁を柔軟に、増税後の値引き容認も―」、単著、研究員報告、2018年5月

論文・レポート(他機関)

「将来推計の抜本見直しを〜日本の経済財政社会保障に関する将来推計の課題と将来像〜」共著、東京財団、2012年1月
「我が国の政府貸出が企業の借入コストに与えた影響-DSGEベイズ推計による検証-」慶應義塾大学修士論文、2013年3月
「金融市場の不完全性下における財政政策の効果――真水か政府貸出か」共著、『日本経済の課題と針路 経済政策の理論・実証分析』、吉野直行、亀田啓悟、中東雅樹、中田真佐男(編著)、慶應義塾大学出版会、2015年3月

報告書など

2013年度
中期経済予測『第40回 中期経済予測(2013−2025年度)』(産業連関分析他を担当)
2014年度
短期経済予測SA158〜SA162 コーディネーターを担当
2015年度
産業ピックアップ『内需足踏みを円安でしのぐ−医療介護は事業環境厳しく』監修
地域分析『生き残る地域の条件 サービス産業の「引力」がカギに』監修
2016年度
短期経済予測SA166〜SA169 総括を担当
2017年度
金融研究班『金融政策運営のジレンマ』総括を担当

世界景気インデックス(2013年5月分〜14年1月分まで)
月次GDP(2014年3月分〜15年2月分まで)

セミナー

「生き残る地域の条件―都市集積の「引力」を読み解く」、日本経済研究センター(東京)、2016年6月
「サービス経済化と都市・地域経済」、日本経済研究センター(大阪)、2016年6月
「生き残る地域の条件―サービス産業の「引力」がカギに―」、中部経済連合会、2016年10月
「欧州諸国に学ぶ駆け込み・反動の抑え方」、内閣府、2018年3月

学会報告など

2013年 日本経済学会 春季大会(富山大学)
2013年 日本経済学会 秋季大会(神奈川大学)
2013年 DSGE Conference(京都大学)

所属学会

日本経済学会