トップ » 政策提言 » 第4次産業革命の中の日本 » 2017年2月23日掲載

JCER 第4次産業革命の中の日本

未来社会経済研究会
APIでは業界内で開放と安全が議論
−フィンテックで外部協力の成否、プロトタイプの内製化力がカギ−
第7回議事要旨

2017年2月23日発表

日本経済研究センター
 2017年2月3日(金)に第7回会合を開き、国内の大手金融機関がフィンテック関連ビジネスにどのように取り組んでいるか、今後どのように取り組んでいくべきかについて討論した。自社のみではフィンテックに必要な仕組みの確立は難しいが、一方、オープン・イノベーションを成功させるためには、核となる部分は内製化することも重要だ。また金融機関のシステムを、安全性を保ちながら外部に開放することもフィンテックには必要になるとして、業界内では議論が活発化している。

第7回未来社会経済研究会_議事要旨(20170223)第7回未来社会経済研究会_議事要旨(20170223)

△このページのトップへ
官僚的組織・手続きでは、ネットビジネスは育めず−米IT企業、新分野はM&Aで対応も−第6回未来社会経済研究会議事要旨、2月8日)NEW!
フィンテックが揺さぶる金融業界−レガシー依存では、生き残り難しく−第5回未来社会経済研究会議事要旨、1月19日)
ディープラーニングがIoTのエンジンに−ネットワークは分散協調型へ第4回未来社会経済研究会議事要旨、12月28日)
「インターネット付随サービス業の成長、可能性高く−通信業、情報サービス業は成熟化」(情報通信産業の行方、12月9日
「第二世代のVR、「五感」の伝達が可能に−現実を超える活用、普及のカギ」(第3回未来社会経済研究会議事要旨、11月22日)
「AI・IoTに産業知識を取り込め−ビジネスも生活も一変の可能性」(第2回未来社会経済研究会議事要旨、10月31日)
「IoT時代の起業、世界的に容易に−大企業に求められる外部イノベーションの取り込み」(第1回未来社会経済研究会議事要旨、10月6日)

「反グローバリズムのうねりと日本の進路」(メガ・リージョナリズムの時代研究会報告、9月27日)
・猿山純夫「サービス市場、国内改革急げ−規制見直し アベノミクス再起動を」(メガ・リージョナリズムの時代研究会報告、9月27日)
「エネルギー・環境の未来を語るラウンドテーブル」報告(16年9月)
「第4次産業革命をテコに脱炭素社会を−経済構造全体の再設計を検討せよ」(エネルギー・環境選択の未来報告、9月8日)
「“第4次産業革命”への備えを−ICT戦略と国家戦略・経営戦略の深い統合を」(情報通信技術が変える経済社会「2015年度報告」、16年3月23日)
「CO2削減は成長・豊かさ向上のバネ−環境税導入で法人税ゼロ、子育て支援の大幅拡充を」(エネルギー・環境選択の未来「2015年度報告」、16年3月23日)
「世界経済危機の回避とデフレの克服へ「生産性向上へ50兆円のソフト投資を―人口減対策、マイナス金利政策の強化も」(緊急政策提言:世界経済危機の回避とデフレの克服へ、16年4月8日)
△このページのトップへ