トップ » 政策提言 » 第4次産業革命の中の日本 » 2017年3月13日掲載

JCER 第4次産業革命の中の日本

未来社会経済研究会
2050年 温暖化ガス8割削減、利益が費用上回る
−再エネ普及、足元では減速の動きも−
第8回議事要旨

2017年3月13日発表

日本経済研究センター
 2017年3月3日(金)に第8回会合を開き、地球温暖化防止のための「2050年までに国内の温暖化ガスを80%削減する目標」について世界自然保護基金(WWF)ジャパンの試算をベースに実現可能性を議論した。技術的・経済的に可能とする見方と、再生可能エネルギーの普及は、足元で減速しており、省エネ・再エネに依存した実現は難しいとの見方があったほか、目標達成には、経済構造の変革が不可避との意見が出た。

第8回未来社会経済研究会_議事要旨(20170313)第8回未来社会経済研究会_議事要旨(20170313)

△このページのトップへ △このページのトップへ