トップ » 政策提言 » 第4次産業革命の中の日本 » 2018年2月9日掲載

JCER 第4次産業革命の中の日本

未来社会経済研究会
AI活用、整備されたデータ収集への投資が不可欠
高速演算半導体GPUは今後も進化
第18回議事要旨

2018年2月9日発表

日本経済研究センター
 2018年1月23日(火)に第18回会合を開き、AI(人工知能)やIoT(Internet of Things)、ビッグデータの普及を支えるハードとソフトの進歩について、米国のIT業界に詳しい専門家を招いて議論した。ハードの急速な演算能力の向上に加え、AIの手法(ソフト)も同様に進化している。生産性の向上に加え、医療や介護、教育などの分野で豊かな生活実現にも寄与するだろう。しかし日本では大学の教育体制が不十分という問題を抱えている。

第18回未来社会経済研究会_議事要旨(20180209)第18回未来社会経済研究会_議事要旨(20180209)

△このページのトップへ

政策提言・関連リポート

△このページのトップへ