トップ » 政策提言 » 第4次産業革命の中の日本 » 2018年5月11日掲載

JCER 第4次産業革命の中の日本

未来社会経済研究会
ガス火力、再生可能エネはセットで拡大へ
アジアの成長受け、石炭火力も残存の可能性
第22回議事要旨

2018年5月11日発表
  • Tweet this articl

日本経済研究センター
 2018年4月26日(木)に第22回会合を開き、脱炭素、第4次産業革命時代のエネルギー産業について電力業界の専門家を招いて議論した。新興国を中心としたグローバルな成長と地球環境問題を踏まえたエネルギーセキュリティの観点から、ガス火力と再生可能エネルギーは補完関係により拡大する可能性が高い。また石炭火力は温暖化防止規制がどの程度強まるか次第だが、特にアジアを中心とするグローバル成長を支えるエネルギー源として一定量は生き残るだろう。今後、エネルギー産業は発電所や送電網などの設備を「所有」することによるビジネスのみならず、エネルギー資源の取扱規模を「活用」した最適化機会の拡大や、Digitalization(デジタル化の進展)を中心とした保守・管理による資産の「運用」といった3分野一体のビジネスモデルへと大きく変わっていくだろう。

第22回未来社会経済研究会_議事要旨(20180511)第22回未来社会経済研究会_議事要旨(20180511)

△このページのトップへ

政策提言・関連リポート

サイバー犯罪、世界経済に年間6000億ドルの損失か 対策人材、日本は量的にも質的にも不足気味(第21回未来社会経済研究会議事要旨、18年4月25日)
経営者の高齢化、人材不足といったピンチをチャンスに 中小企業の生産性向上へ若返りを(第20回未来社会経済研究会議事要旨、18年3月8日)
・未来社会経済研究会・議事要旨一覧はこちら

・第4次産業革命の中の日本―米国ハイテク企業集積地の動向米ベンチャーとの協力、決裁権者の関わりが欠かせず シリコンバレーでも人材の獲得合戦(18年4月6日)
政策提言一覧
△このページのトップへ