トップ » 政策提言 » 第4次産業革命の中の日本 » 2018年5月21日掲載

JCER 第4次産業革命の中の日本

未来社会経済研究会
富士フイルム、本業喪失を自らの強み分析で事業転換
早期の新規事業立ち上げにはM&Aも不可欠
第23回議事要旨

2018年5月21日発表
  • Tweet this articl

日本経済研究センター
 2018年5月7日(月)に第23回会合を開き、第4次産業革命によって本業が喪失する危機を迎えた場合の対応について関係者を招いて議論した。加速的なデジタル化によって富士フイルムでは、2000年代にフィルム写真の喪失を経験したが、自らの技術を徹底分析して強みをフル活用し、電子部品や化粧品事業へ転換に成功した。画像処理の分野ではAI(人工知能)活用などによって医療分野の事業も拡大した。またM&Aも短期間に事業を転換するには必要となっている。

第23回未来社会経済研究会_議事要旨(20180521)第23回未来社会経済研究会_議事要旨(20180521)

△このページのトップへ

政策提言・関連リポート

ガス火力、再生可能エネはセットで拡大へ アジアの成長受け、石炭火力も残存の可能性(第22回未来社会経済研究会議事要旨、18年5月11日)
サイバー犯罪、世界経済に年間6000億ドルの損失か 対策人材、日本は量的にも質的にも不足気味(第21回未来社会経済研究会議事要旨、18年4月25日)
・未来社会経済研究会・議事要旨一覧はこちら

・第4次産業革命の中の日本―米国ハイテク企業集積地の動向米ベンチャーとの協力、決裁権者の関わりが欠かせず シリコンバレーでも人材の獲得合戦(18年4月6日)
政策提言一覧
△このページのトップへ