トップ » よく見られているコンテンツ

アクセスランキング

日本経済研究センターHPで、アクセスの多かったコンテンツをご紹介します。

2017年・年間アクセスランキング(ダウンロード数)はこちらをご覧ください。

人気リポート(集計期間:2018年3月1日〜3月31日)

※ファイル型コンテンツ(主に会員限定)の「ダウンロード数」(一般公開+会員用)を集計。該当ファイルの掲載ページにリンクしています。

コンテンツ 掲載日
1 第44回中期経済予測(2017-2030年度) 「働き方」刷新で成長力を高めよ 3月23日
2 2017年度アジア研究報告書「朝鮮半島シナリオと日本」 3月12日
3 ESPフォーキャスト3月調査:18年1-3月期は年率0.71%成長−金融政策変更、半数は「CPI1%超」達成後− 3月19日
4 ESPフォーキャスト2月調査:17年10〜12月期は年率0.94%成長 −米景気拡大、最長更新も− 2月8日
5 第173回改訂短期経済予測(2018年1-3月期〜2020年1-3月期) 「17年度1.8%成長に引き上げ、18・19年度は据え置き」 3月8日
6 2017年度金融研究班報告B「日銀が直面する金融政策運営のジレンマ」 3月13日
7 私立中高一貫校の入学時学力と大学進学実績 近藤絢子 (日本経済研究70号14年3月収録) * 14年3月6日
8 第7回アジア経済短期予測:中国・ASEAN4(18年1-3月期〜19年10-12月期) 「輸出好調で楽観ムード拡大」 2月28日
9 産業ピックアップ 「主要産業で急低下する生産性の伸び」 * 17年12月7日
10 【中国・アジアウォッチ】リスク回避を優先、成長減速を容認も――中国で全人代開幕、李首相が活動報告 湯浅健司 3月5日
11 産業ピックアップ 「グローバル需要の取り込みとICTフル活用の基盤を」 3月22日
12 金融研究説明会資料「異次元緩和、6年目に突入―金融政策運営のジレンマ」 3月2日
13 早川英男氏、太田聰一氏セミナー(2月23日開催)資料・音声・講演録「人手不足と賃金停滞」 2月26日
14 未来社会経済研究会 工作機械メーカーから工場のプラットフォーマーへ * 3月1日
15 第173回短期経済予測(2018年1-3月期〜2020年1-3月期) 景気拡大は戦後最長へ 2月22日
16 2017年度金融研究報告「金融政策運営のジレンマ」 3月28日
17 未来社会経済研究会 経営者の高齢化、人材不足といったピンチをチャンスに * 3月8日
18 景気後退確率 1月の景気後退確率は24.0%に上昇 宮崎孝史 * 3月8日
19 成果評価基準における正確性について 行武憲史、藤野玲於奈 (日本経済研究76号18年3月収録) * 3月26日
20 第44回中期経済予測(論点) 人生100年 10年長く就業を * 2月22日
21 経済百葉箱「仮想通貨が持つ新たな可能性」加茂健志朗  * 3月26日
22 経済百葉箱「現実的か『ベーシックインカム』導入」 佐藤貴憲  * 3月29日
23 2017年度中国研究報告書(概要) 「中国 新産業論〜『創造大国』への道」  * 3月20日
24 経済百葉箱「資産運用業が増幅する金融リスク」加賀美慶太、鈴木智也  * 3月26日
25 肥後雅博氏、河野龍太郎氏セミナー(2月26日開催)資料・講演録「経済統計は実態をどこまでカバーしているか」 2月27日
26 月次GDP 1月のGDP、前月比0.4%増加  横尾明彦 3月12日
27 第4次産業革命の中の日本 研究開発は成長に役立っているか?博士増、生産性向上に結びつかず 1月26日
「*」はすべて一般公開のリポートです。


サイト閲覧タイプのコンテンツ(連載コラムなど)

※サイト閲覧タイプはすべて一般公開のコンテンツです。