トップ » 研究リポート » アジア研究 » 日中韓台企業の生産性と組織資本

日中韓台企業の生産性と組織資本

2007年度「国際経済研究・組織資本と生産性」報告書 (日本経済新聞社からの受託研究) 2008.3




座長:深尾京司・日本経済研究センターアジア研究部主任研究員/一橋大学経済研究所教授

日本経済研究センターでは2006年度以降、国際比較可能な生産性データベースの整備に取り組んでいる。
06年度の「国際経済研究」プロジェクトの研究成果をもとに、日経センター、一橋大学経済制度研究センター、日本大学中国アジア研究センター、ソウル大学経済学部Keun Lee教授の研究室は共同で、日本・中国・韓国の上場企業のデータベース(East Asian Listed Companies Database 2007、以下EALC2007(09年にデータを更新。現在はEALC2009))を構築した。
 07年度も引き続きその拡充と分析作業を進めており、06年度に整備した日韓中の各国上場企業の生産性データベースをもとに、計算方法の改善を施したり、データベースの対象範囲に台湾を含めたりしたほか、日米比較の視点を盛り込んだ研究も行った。さらに、生産性を考える上で欠かすことのできない要素として、無形資産の役割にも着目した。こうした様々な角度からの検討を踏まえ、日米の製造業を対象とした国際競争力に関する分析も行った。本報告書はその研究成果をまとめたものである。

△このページのトップへ

・第2章 台湾企業の生産性分析・第2章 台湾企業の生産性分析JCER NET メンバー限定

袁堂軍:日本学術振興会外国人特別研究員(一橋大学経済研究所)
可部繁三郎:日本経済研究センター研究統括部主任研究員

・第4章 日米間の労働生産性レベルの比較・第4章 日米間の労働生産性レベルの比較JCER NET メンバー限定

権赫旭:日本大学経済学部専任講師

お問い合わせ

主任研究員 可部繁三郎(TEL:03-6256-7749)までお願いいたします。
-----------------------------------------------------------------

■データベース(日中韓台の上場企業データ)2010

◆データベース
・概要
・日本上場企業データ 【NEW】
・中国上場企業データ
・韓国上場企業データ
・台湾上場企業データ


※データ解説はこちらを御覧ください。
2008年度「国際経済研究」報告書『日中韓台企業の生産性と日韓の組織資本の比較分析』
「第4章:An International Comparison of the TFP Levels and the Productivity Convergence of Japanese, Korean, Taiwanese and Chinese Listed Firms」


「平成22年度版 年次経済財政報告」(内閣府、2010年7月)の「第3章 豊かさを支える成長力」(296ページ)内で、日中韓台の上場企業データベース2009が引用されました。

◆データのご利用にあたって
アジア上場企業データベース2010(EALC2010)データをご利用の際は、出所として、日本経済研究センター・一橋大学経済制度研究センター・日本大学中国・アジア研究センター・ソウル大学企業競争力研究センターのEALCデータベース2010を利用した旨、明記して頂くようお願いします。また、本データを利用して論文を作成・発表される場合、差し支えなければ、コピーを一部お送りいただくようお願いします。

連絡・問い合わせ先
〒100−8066 東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル11階
日本経済研究センター EALC2010担当 可部繁三郎
Tel:03-6256-7749

■DP、関連サイト

◆Discussion Paper
No.110 An International Comparison of the TFP Levels of Japanese, Korean and Chinese Listed Firms
No.111 A Comparative Analysis of Productivity Growth and Productivity Dispersion:Microeconomic Evidence Based on Listed Firms from Japan, Korea, and China
No.112 Measuring Organization Capital in Japan-An Empirical Assessment Using Firm-Level Data-
No.120 Management Practices and Firm Performance in Japanese and Korean Firms ―An Empirical Study Using Interview Survey

◆関連ウェブ・サイト
一橋大学経済制度研究センター
日本大学中国・アジア研究センター
ソウル大学企業競争力研究センター
経済産業研究所・一橋大学経済研究所 JIPデータベース2008
経済産業研究所 ICPAプロジェクト
一橋大学経済制度研究センター・日本大学中国・アジア研究センター・日本経済研究センターは2007年3月2日に「日中韓企業の生産性比較と中国の生産性上昇」をテーマとした国際ワークショップを経済産業研究所の協賛で開催しました。議事次第と報告論文は以下のウェブページで見ることができます。
http://cei.ier.hit-u.ac.jp/news/main-2007.3.htm

本報告書およびDiscussion Paper 120「Management Practices and Firm Performance in Japanese and Korean Firms ―An Empirical Study Using Interview Survey」をベースにしました日韓共同研究のDPが経済産業研究所のウェブにアップされました。
Management Practices and Firm Performance in Japanese and Korean Firms-An Empirical Study Using Interview Surveys(経済産業研究所ホームページ)
△このページのトップへ