トップ » 研究リポート » Discussion Paper » 120

Discussion Paper 120 2009.6

Management Practices and Firm Performance in Japanese and Korean Firms
―An Empirical Study Using Interview Survey




Keun Lee・Seoul National University 、Tsutomu Miyagawa・Gakushuin University 、可部繁三郎・日本経済研究センター研究本部国際・アジア研究グループ長兼主任研究員 、Junhyup Lee・Seoul National University 、Hyoungjin Kim・Seoul National University 、YoungGak Kim・Hitotsubashi University

全文/Discussion Paper No.120全文/Discussion Paper No.120

-----------------------------------------------------

2008年度国際経済研究報告書「日中韓台企業の生産性と日韓の組織資本の比較分析」および、本DPをベースにしました日韓共同研究のDPが経済産業研究所のウェブにアップされました。

Management Practices and Firm Performance in Japanese and Korean Firms-An Empirical Study Using Interview Surveys(経済産業研究所ホームページ)
△このページのトップへ