トップ » 研究リポート » Discussion Paper » 128

Discussion Paper 128 2010.10

債券投資家の予測形成の検証
――QUICK 債券月次調査による分析




蓮見亮・日本経済研究センター研究本部研究員 、平田英明・日本経済研究センター研究本部(金融班総括)副主任研究員/法政大学経営学部准教授

全文PDF/Discussion Paper 128全文PDF/Discussion Paper 128

要旨

 本稿では、QUICK社による債券月次調査の個票を利用して、主として6か月後の10年国債利回りの関する投資家の予測値の決定要因を分析した。分析期間(1996年7月〜2010年1月)の投資家の予測値には明らかな上方バイアスがみられるため、予測誤差ではなく、予測値と予測時点での実績値の差として定義した「期待」に着目して分析することとした。実証分析の結果、金利変動の期待に影響を与える主要な要因は、金融政策と為替動向であるという結論を得た。

キーワード:長期金利、期待、予測
JEL classification: D84, E44, G17, C33
△このページのトップへ