トップ » 研究リポート » Discussion Paper » 142

Discussion Paper 142 2014.5

小国開放経済型DSGE モデルによる税制変更のシミュレーション分析


  • Tweet this articl

蓮見亮・日本経済研究センター研究本部研究員

全文/Discussion Paper No.142全文/Discussion Paper No.142

要 旨

 動学的確率的一般均衡(DSGE)モデルと呼ばれるマクロ経済モデルを用いて、税制変更のシミュレーションを行った。同種のモデルでは、方程式の係数に想定値を用いることが多いが、本研究では過去30年間の日本のマクロデータから推定した。増税幅をそろえて試算すると、法人税、労働所得税、消費税の順で成長抑制効果が大きい。この試算に従えば、法人税を減税し代替財源として消費税を用いれば、経済成長が押し上げられる。
△このページのトップへ