トップ » 研究リポート » 金融研究

2017.08 金融研究

2017年度金融研究報告B
日銀の損失、今すぐ出口に向かうとどのくらいか

2017年8月30日発表
主査:左三川(笛田)郁子・日本経済研究センター研究本部主任研究員兼金融研究室長
総括:高野哲彰・日本経済研究センター研究本部研究員

 日本銀行が2013年に始めた量的・質的金融緩和(QQE)政策、通称「異次元緩和」からの出口論が盛り上がっている。米国や欧州が出口に向かい始めたことに加えて、将来日銀に発生する損失という副作用を考えてもなお、緩和を続ける意味があるのかが問われ出した。本リポートでは、もし日銀が今すぐ出口に向かったら、どのくらいの損失が発生するかを考えてみたい。異次元緩和が長引けば損失はさらに大きくなると予想されるため、本リポートで示す損失額は「少なく見積もってもこのくらいにはなるだろう」というボトムラインである。詳細はこちら


□■金融研究班 最新リポート一覧はこちら■□

詳細はこちら

バックナンバーはこちら