トップ » 経済予測 » アジア・コンセンサス調査 » 第6回

第6回アジア・コンセンサス調査(2017年〜2019年)

堅調アジア経済、トランプ政権への懸念やや後退
―中国の減速を警戒、比で「テロ・地政学リスク」

日本経済研究センターは、アジアのエコノミストを対象に各国の経済成長や物価、為替動向などの見通しを聞いたアンケート「JCER/日経 アジア・コンセンサス」の第6回調査結果(四半期ごとに実施、今回の調査期間は6月9〜30日)をまとめた。好調な輸出などを牽引役として、2017年から18年にかけて堅調な推移を予想する国が多く、調査対象6カ国(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、インド)のうち、特にマレーシアやシンガポール、タイで17年の成長率見通しを上方修正する回答が目立った。注目されるトランプ米大統領の政策の影響については、今年3月に実施した前回調査に比べて、影響は現状ではあまり大きくないという回答が多く、「トランプ・リスク」への懸念はやや後退しつつあることをうかがわせた。

リポート全文(PDF) 【JCER NET メンバー限定】 / Appendix(PDF)
(英語サイト)JCER/Nikkei Consensus Survey on Asian Economies

※7月11日付の日本経済新聞朝刊、NARに関連記事掲載

△このページのトップへ

アジア・コンセンサス2017年7月調査アジア・コンセンサス2017年7月調査JCER NET メンバー限定

アジア・コンセンサス2017年7月調査 補足資料(英語)アジア・コンセンサス2017年7月調査 補足資料(英語)

バックナンバーはこちら

△このページのトップへ