トップ » 経済予測 » 中期経済予測 » バックナンバー

中期経済予測バックナンバー

回数 掲載日 タイトル 主査・総括 予測期間
第44回 2017.12.18 Slow US Wage Growth Explained
- Changing Demographic & Employment Trends
高橋えり子
論点
第44回 2017.12.1 反グローバル化の底流を読む
雇用揺らぎ 穏健主義が後退−デジタル化への備えも急げ−
猿山純夫
論点
第44回(標準シナリオ) 2017.10.31 成長の芽を見出せない日本経済
―賃金配分低く 投資も加速せず―
総主査 : 猿山純夫
主査:前田佐恵子
2017-2030年度
第43回 2017.3.29 若者支援で活路を開く
―牽引力不在の「弱気の罠」を打破―
主査:河越正明
2016-2030年度
第42回(最終報告) 2016.3.23 2%成長の実現に第3の開国を
―女性・外国人・高齢者、ICTのフル活用で第4次産業革命を生き抜く
―経済破綻回避への細く厳しい道
主査:小林辰男
総括:宮ア孝史
日本経済研究センター中期予測班
2015−2030年度
第41回(最終報告) 2015.3.3 財政再建と人口トレンドの転換に挑む日本経済
―将来世代支援型の社会保障改革を考える
主査:桑原進
日本経済研究センター中期予測班
2014−2025年度
第41回(中間報告) 2014.12.4 財政不安を抱える経済成長
日本経済研究センター 中期予測班
2014-25年度
第40回(最終報告) 2014.3.10 成長と財政再建、両立へのシナリオ
−日本経済の基礎体力を検証する−
主査:桑原進
日本経済研究センター中期予測班
2013年度−2025年度
第40回(中間報告) 2013.12.6 成長と財政再建、両立へのシナリオ
−日本経済の基礎体力を検証する
日本経済研究センター 中期予測班
2013-25年度
2013.12.6 今夏の販売電力量は2010年比8%減と節電が定着
−30年に2割(10年比)の節電も視野に−
北村 勇太・研究生(衆議院事務局より派遣) 、山根 絢子・研究生(丸紅より派遣) 、<監修>桑原進 、小林辰男
論点レポート
第40回(中間報告)<速報> 2013.12.4 成長と財政再建、両立へのシナリオ
−日本経済の基礎体力を検証する
日本経済研究センター 中期予測班
2013-25年度
第39回(最終報告) 2013.3.5 産業地図の変容と日本の成長力
−忍び寄る「双子の赤字」
主査:坪内浩
日本経済研究センター中期予測班
2012年度−2025年度
2013.2.25 経済成長と両立する賢い節電、電力不安の払拭に不可欠

― 家庭とオフィスの抑制がカギ、需要抑える政府計画策定を ―
斉藤 雄太・研究生(日本経済新聞社より派遣) 、吉本 徹・研究生(衆議院事務局より派遣) 、<監修>中期予測班主査:坪内 浩、主任研究員:小林 辰男
論点
第39回(中間報告) 2012.12.7 産業地図の変容と日本の成長力
−忍び寄る「双子の赤字」
日本経済研究センター 中期予測班
2012-25年度
第39回(中間報告)<速報> 2012.12.6 産業地図の変容と日本の成長力
−忍び寄る「双子の赤字」
主査:坪内浩
2012−25年度
2012.11.15 2030年の政府節電目標、上積みも可能か

― 今夏すでに10%減、けん引役は家庭 ―
― 生産水準維持との両立課題 ―
斉藤 雄太・研究生(日本経済新聞社より派遣) 、吉本 徹・研究生(衆議院事務局より派遣) 、<監修>中期予測班主査:坪内 浩、主任研究員:小林 辰男
論点
2012.3.23 <グリーン成長の可能性を探る>貿易自由化でグリーン成長の後押しを

−関税撤廃で日本のエコ製品輸出、0.8%増も
吾郷伊都子・研究生(日本貿易振興機構(ジェトロ)より派遣) 、<監修>小林辰男
論点
2012.3.9 ・原発の行方で異なる4つのシナリオ/石油危機に学び、省エネ余地を探る
論点
第38回 2012.3.2 エネルギー・国際分業、迫られる再構築
−除染費用、国民に重い負担
総主査:岩田一政
主査:坪内浩
2011年度−2020年度
2012.2.7 R&D投資は現地需要重視、今後はアジア向けで拡大
−国内の技術力強化のために研究者の育成を−
松岡秀明 、吾郷伊都子 、綿貫剛 、<監修>坪内浩
論点
1〜20件(全79件)
△このページのトップへ