トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

<大阪>日本の直接投資と国際貿易―最新の実証研究を踏まえて(2017年2月6日(月)開催)

概要
米欧でグローバル化に対する逆風が吹く中、日本のビジネスマンや政策に携わる人々には、対外投資や貿易の意義を改めて確認する作業が必要になっているかもしれません。なぜ対外直接投資は重要なのか。企業の海外進出に伴い雇用は失われているのか。日本が「比較優位」を持つのはどのような財か。これらの3つの疑問を軸に、清田教授が最新の研究成果をふまえて解説します。
清田 耕造(きよた こうぞう)・慶應義塾大学産業研究所・経済学研究科教授
1996年慶應義塾大学経済学部卒、2002年慶應義塾大学博士(経済学)。横浜国立大学准教授などを経て13年から現職。RIETIリサーチアソシエイト兼任。15年第58回日経・経済図書文化賞、17年日本経済学会・石川賞を受賞

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

聴くゼミ20170206清田氏JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

資料20170206清田氏資料20170206清田氏JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ