トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

<大阪>金融政策と財政コスト(2017年3月6日(月)開催)

概要
日銀は長期金利の誘導目標を導入し、米国では利上げとトランプ新政権の財政拡大予想から金利上昇圧力が高まっています。日銀は国債買入額の調整などで長期金利の上昇を抑えようとしていますが、買い入れの限界がある一方、日銀損失の拡大、財政コスト増も懸念されます。左三川主任研究員が当センター金融研究を報告、小黒教授が財政の持続可能性や財政政策で物価を調整可能かなどお話します。
小黒 一正(おぐろ かずまさ)・法政大学経済学部教授
1997年京都大学理学部卒、大蔵省(現財務省)入省。財務省財務総合政策研究所主任研究官、一橋大学経済研究所准教授などを経て、2015年から現職。財務総合政策研究所上席客員研究員、鹿島平和研究所理事。10年一橋大学経済学博士

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

聴くゼミ20170306小黒氏JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

資料@20170306小黒氏資料@20170306小黒氏JCER NET メンバー限定

資料A20170306小黒氏資料A20170306小黒氏JCER NET メンバー限定

資料20170306左三川主任研究員資料20170306左三川主任研究員JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ