トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

≪シリーズ 徹底研究トランプ政権≫第4回
通商政策とグローバル化の行方(2017年4月10日(月)開催)

概要
トランプ政権の通商政策が米国内と貿易・投資の相手国を揺さぶっています。既存の多国間の枠組みに対する厳しい非難や、中国との対決を辞さないかのような姿勢が警戒されています。同政権の通商政策の意図、実現の可能性、そして日本を含む国際的な貿易・投資活動への影響をソリス氏が解説します。
ミレヤ・ソリス・米ブルッキングス研究所上級研究員兼日本研究部長
1998年ハーバード大学で政治学博士号を取得。アメリカン大学やブランダイス大学で准教授を務めた。2012年から現職。主な研究テーマは日本の政治や外交、東アジアの域内関係など。リージョナリズムについての著作も多い。メキシコ出身



音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

聴くゼミ20170410ソリス氏(英語)JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

資料20170410ソリス氏資料20170410ソリス氏JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ