トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

香港返還20周年、自由都市の行方(2017年6月23日(金)開催)

概要
今年7月1日は香港の中国返還20周年の節目にあたります。香港は返還から50年間現状を維持する「一国二制度」を約束されたものの、様々な変化を経験してきました。中国にとっての香港の意味はどう変化したのか。香港の政治的な中国化や、中国と香港との経済融合の今後はどうなるのか。香港研究の第一人者である倉田教授が、アジアの自由都市・香港の政治・経済・社会の今後を展望します。
倉田徹・立教大学法学部教授
2008年東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。在香港日本国総領事館専門調査員、金沢大学准教授、立教大学准教授を経て、2017年から現職。『中国返還後の香港』で2010年度サントリー学芸賞受賞

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

聴くゼミ20170623倉田氏JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

資料20170623倉田氏資料20170623倉田氏JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ