トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

金融緩和の出口問題の本質は何か(2017年10月10日(火)開催)

概要
米欧が金融緩和の縮小に向かうなか、わが国でも金融緩和政策を正常化する「出口戦略」への関心が高まっています。出口論をめぐっては、日本銀行の財務の悪化がもっぱら懸念されていますが、そのことが最も本質的な問題なのでしょうか。財政運営と金融政策が密接に関連していることから、財政収支の将来見通しこそが出口戦略に関わる最重要な要因であることを解説します。
池尾和人(いけお かずひと)・慶應義塾大学経済学部教授
1975年京都大学経済学部卒、80年一橋大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。京都大学経済学部助教授などを経て95年から現職。京都大学経済学博士。専門は金融論

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

聴くゼミ20171010池尾氏JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

資料20171010池尾氏資料20171010池尾氏JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ