トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

欧州、危機の先にあるもの(2017年11月17日(金)開催)

概要
9月24日のドイツ議会選挙ではメルケル首相が勝利。昨年来、ポピュリズム的勢力の躍進が不安視された欧州は、少し落ち着きを取り戻したかにみえます。一方、欧州連合(EU)からの離脱条件をめぐり、英国とEUの交渉が難航。結果次第では世界経済に多大な影響を与えます。2010年代、ユーロ危機、難民危機、安全保障危機、英国のEU離脱と、続発する危機に揺さぶられてきた欧州は、統合をどう進めていくのか。EUの将来像を遠藤教授が展望します。
遠藤 乾(えんどう けん)・北海道大学法学部・公共政策大学院教授
1991年北海道大学大学院法学研究科修士。ベルギー・カトリック・ルーヴァン大学修士、英オックスフォード大学博士。2006年より現職。近著に『欧州複合危機』。専門は国際政治(EU研究)。17年9月より仏国際関係研究所(Ifri)で研究活動中

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

聴くゼミ20171117遠藤氏JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

資料20171117遠藤氏資料20171117遠藤氏JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ