トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

人手不足と賃金停滞(2018年2月23日(金)開催)

概要
日本では戦後2番目に長かった「いざなぎ景気」を超える景気拡大が続き、人手不足が続いているものの、賃金は伸び悩んでいます。こうした状況の背景には、いくつかの要因が複合的に絡まっているものと見られます。エコノミストの早川氏と労働経済学者の太田教授がそれぞれの見地から、賃金動向の注目点や雇用の変化について議論します。
写真左より

早川英男(はやかわ ひでお)・富士通総研エグゼクティブ・フェロー
1977年東京大学経済学部卒、日本銀行入行。83〜85年米プリンストン大学大学院留学(MA取得)。日本銀行調査統計局長、名古屋支店長、理事などを経て、2013年から現職。『金融政策の「誤解」』で2016年度エコノミスト賞受賞

太田聰一(おおた そういち)・慶應義塾大学経済学部教授
1987年京都大学経済学部卒。91〜96年ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス大学院留学(Ph.D.取得)。名古屋大学経済学部教授などを経て、2005年から現職。『若年者就業の経済学』で2011年度日経・経済図書文化賞受賞

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

聴くゼミ20180223 人手不足と賃金停滞JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

資料20180223早川氏資料20180223早川氏JCER NET メンバー限定

資料20180223太田氏資料20180223太田氏JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ