トップ » セミナー » 聴くゼミ » 聴くゼミ(音声・資料)

聴くゼミ(音声・資料)

世代間格差を克服するには―人生100年時代の制度・政策のあり方(2018年6月8日(金)開催)

概要
財政・社会保障制度の改革は日本の喫緊の課題であり、これを放置すると世代間格差は広がるばかりです。格差拡大の背景にはシルバー民主主義があると言われますが、島澤氏は現在世代が結託し将来世代へ債務を先送りしていると主張します。人生100年時代を迎え、深刻さを増す格差をどう克服すべきか。シルバー民主主義の実像をデータに基づき分析し、解決策を提言します。
島澤 諭(しまざわ さとし)・中部圏社会経済研究所研究部長
1994年東京大学経済学部卒、経済企画庁(現内閣府)入庁。秋田大学教育文化学部准教授などを経て2015年から現職。法政大学兼任講師、財務省財務総合政策研究所客員研究員も務める

音声ファイル(mp3)はこちら(PC、iPodなど携帯プレーヤーでお聴きいただけます)

聴くゼミ180608島澤氏JCER NET メンバー限定

ファイル名をクリックして下さい。ご利用にあたってはサイトポリシーをご一読ください。

セミナー資料(PDF)はこちら

資料20180608島澤氏資料20180608島澤氏JCER NET メンバー限定

(注)PDFは  Adobe Reader 7.0以上でご覧下さいAdobe Readerダウンロードはこちら




当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、公益社団法人日本経済研究センターまたは著者に帰属します。無断での複製、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁止します。
△このページのトップへ