トップ » セミナー » 連続セミナー

連続セミナー

内外の経済問題や経済分析の手法・ツールについて深い知識を伝える有料の講座です。会員・非会員を問わず参加可能です。
※複数の申込を一度にされたい場合はメールに必要事項(会社名・氏名・所属・住所・TEL・FAX・E-mail)を明記の上、ご連絡ください。メールアドレス:semi[at]jcer.or.jp *[at]を@に変換してください。

岐路に立つアジア経済―構造問題を斬る


  アジア経済が転機を迎えています。景気の減速が続く世界第2位の経済大国・中国、中国と同様に「中所得国の罠」のリスクに直面しているASEAN、モディ首相の下で経済改革が進められているインド。いずれの国・地域の先行きも、世界、そして日本に大きな影響を及ぼします。
  アジア経済にいま何が起き、これから何が起きそうなのか。将来を考えるにあたってどういうポイントを押さえたらよいか。本連続セミナーでは、アジア経済の専門家が、データに基づき、構造問題から解き明かします。「もっと知りたい」という方を対象にした講座です。


概要

◆日時:全4講義 2月2日(木)、6日(月) 13:30−15:00、15:15−16:45(1日2講義)

◆会場:日本経済新聞社東京本社ビル10階会議室(千代田区大手町1-3-7)  
◆教材・テキスト:毎回参考資料を配布します
◆受講料:28,000円(税込、会員・一般ともに)※会員特典:3名お申し込みの場合、3人目は無料です
◆定員:30名(定員になり次第締め切ります)

講師
浦田秀次郎:日本経済研究センター特任研究員、早稲田大学大学院教授
牛山隆一:日本経済研究センター国際アジア研究部長兼主任研究員
山田剛:日本経済研究センター主任研究員兼日本経済新聞社NAR編集部編集委員
田原健吾:日本経済研究センター副主任研究員


講義内容

@(2/2)総論・変貌するアジア経済(浦田):アジア経済がどのような状況に直面しているのか。これまでの発展の経緯も踏まえ、現在の立ち位置を考えます。環太平洋経済連携協定(TPP)や東アジア地域包括的経済連携(RCEP)、ASEAN経済共同体(AEC)などアジア経済圏の将来展望も論じます。

A(2/2)過剰債務・設備に苦しむ中国(田原):2000年代以降、高成長を続けてきた中国経済ですが、輸出や投資主導の成長には限界が見え、経済構造の改革に注目が集まっています。中でも急増する企業債務の問題等に焦点を当てつつ、リスクや見通しについて論じます。

B(2/6)明暗分かれるASEAN経済(牛山):日本企業の進出先として注目されるASEAN各国ですが、経済状況は一様ではありません。マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナムの5カ国を対象に、マクロ景気、産業・貿易構造、外資動向などから各国の構造問題を分析し、更なる発展への課題を論じます。

C(2/6)インド、「モディノミクス」のゆくえ(山田):インドの経済改革「モディノミクス」がようやく成果を上げ始めました。懸案だった税制改革や外資規制の緩和が進展し、個人消費の拡大も見込まれる状況を踏まえ、インド経済の展望や積み残した改革の成否などについて分析・解説します。


申込み

お申し込みフォーム
申込書(PDF)
※「お申し込みフォーム」か「申込書(PDF)」のいずれかでお申し込みください。
お問い合わせ先:会員事業部 (東京)TEL:03−6256-7720/FAX:03−6256-7925

△このページのトップへ


連続セミナーのバックナンバー

年毎に並び替え
タイトル 講師 開催日
2016 【朝ゼミ】 5日で学ぶ日本経済
―複雑化する今を読む―
小峰隆夫・日本経済研究センター研究顧問
9/2
9/6
9/9
9/13
9/16
2016 最新経済ウォッチ:景気予測の勘どころ 竹内淳・日本経済研究センター短期経済予測主査
1/12
1/18
1/25
△このページのトップへ