一覧へ戻る
アジア・コンセンサス調査 (第5回/2017年~2019年)

アセアン経済、年内見通しを上方修正

――「トランプ・リスク」は中長期的な懸念広がる

主査:日下 淳
  主任研究員
主査:湯浅 健司
  首席研究員兼中国研究室長
上原 正詩
  アジア予測室長兼主任研究員
山田 剛
  主任研究員
田原 健吾
  データサイエンス研究室長兼主任研究員
茂木 洋之 研究員
   
南 毅 研究生
   

2017/04/10

 日本経済研究センターは、アジアのエコノミストを対象に、各国の経済成長や物価、為替動向などの見通しを聞いたアンケート「JCER/日経 アジア・コンセンサス」の第5回調査結果(四半期ごとに実施、今回の調査期間は3月10~30日)をまとめた。昨年12月に実施した前回調査では、トランプ米大統領の就任に伴う影響を懸念して、慎重な姿勢の回答者が多かったが、今回は世界経済が落ち着きを取り戻しているほか、資源価格の回復もあって、輸出の増加などを背景に短期的な見通しを上方修正する回答が目立った。ただ、トランプ政権の政策の先行きがなお不透明なことから、18年以降の中期的な見通しでは、むしろ懸念が広がった。
 調査対象6カ国(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、インド)のうち、2017年の四半期ごとの実質経済成長率は、マレーシアやシンガポール、タイの3カ国で前回調査が上方修正され、東南アジア諸国連合(ASEAN)5カ国の平均でも1~3月は0.1ポイント、4~6月は0.4ポイント、7~9月は0.4ポイント、それぞれ前回調査を上回った。


バックナンバー

2020/09/08

新政権に「地域安定への貢献」「改革モデル」期待

――安倍時代:金融政策の評価2分、成長には失望  

主査:日下 淳

2020/07/08

コロナ禍深刻 アジア6カ国、20年はマイナス成長

――雇用不安が顕著に~デジタル化など構造変化も

第18回 2020年~2022年

主査:日下 淳/ 主査:湯浅 健司上原 正詩山田 剛菅 哲雄/ 宗像 藍子 研究生/ 笠置 正民 特別協力・東南アジア問題研究家

2020/04/06

アジア経済、2020年は急ブレーキ

――コロナ危機打撃、失業増大など社会不安懸念も

第17回 2020年~2022年

主査:日下 淳/ 主査:湯浅 健司上原 正詩山田 剛菅 哲雄/ 宗像 藍子 研究生/ 笠置 正民 特別協力・東南アジア問題研究家

2019/12/23

2020年のアジア経済、回復力弱く

――米中対立、米大統領選が行方を左右

第16回 2019年~2021年

主査:日下 淳/ 主査:湯浅 健司上原 正詩山田 剛髙橋 えり子菅 哲雄/ 宗像 藍子 研究生/ 笠置 正民 特別協力・東南アジア問題研究家

2019/10/07

東南アは5調査、インドは4調査連続の下方修正

――「米中」の影響拡大、中東など地政学リスク浮上 

第15回 2019年~2021年

主査:日下 淳/ 主査:湯浅 健司上原 正詩山田 剛髙橋 えり子菅 哲雄/ 宗像 藍子 研究生