一覧へ戻る
短期経済予測 (第175回改訂 /2018年7-9月期~2020年1-3月期)

18、19年度の成長率見通しは据え置き

─4-6月期の2次QE、設備投資の強さ明確に─

主査:西岡 慎一
  主任研究員
総括:宮﨑 孝史
  副主任研究員
総括:髙橋 えり子
  副主任研究員

2018/09/10

日本経済研究センターでは、従来の予測(8月22日公表「第175回四半期経済予測」<以下、SA175 >)を改訂した(以下、SA175R)。これは、本日公表された18年4-6月期のGDP2次速報値(2次QE)や最近の経済指標の動きなどを踏まえている。

18年4-6月期の2次QEが公表され、実質成長率は、前期比+0.7%(同年率+3.0%)と、1次QEの前期比+0.5%(同+1.9%)から上方修正された。

内訳をみると、外需が0.1%ポイントのマイナス寄与となる一方、内需が0.9%ポイントのプラス寄与となった。外需の寄与度は1次QEから不変となったが、内需の寄与度が0.3%ポイントの上方修正となった。内需の上振れは、設備投資の上方修正による。18年度の設備投資計画の強さが、4-6月の設備投資の実績値に明確に反映されるかたちとなった。

2次QEの結果は、企業部門が景気を主導するとのこれまでの見方に沿っている。先行きの成長率見通しは18年度+1.2%、19年度+0.9%である。SA175から不変とした。19年度の成長率は、消費税率引き上げの影響などで鈍化するが、1%弱とみられる潜在成長率をやや上回ると見込む。なお、9月の近畿地方での台風被害や北海道での震災の影響は、現時点で全容が明らかでなく、成長率見通しに織り込んでいない。

▽実質GDPの見通し▽

【関連レポート】

※中国・ASEAN4短期経済予測レポート「内需堅調で緩やかな景気拡大―通商摩擦と通貨安に懸念」(2018年7-9月期~2020年1-3月期)はこちら

バックナンバー

2020/09/08

民需の反発はやや後ずれも基本シナリオに変更なし

─将来期待の底割れ回避、緩やかな景気回復へ─

第183回改訂 2020年7-9月期~2022年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:梶田 脩斗/ 総括:松尾 朋紀

2020/08/25

【web説明会】第183回四半期経済予測

緩やかな景気回復から強含みへ

2020年7-9月期~2022年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:梶田 脩斗/ 総括:松尾 朋紀

2020/08/17

第183回<速報>緩やかな景気回復から強含みへ

―外需底堅く設備投資は反発、雇用環境とせめぎ合い―

2020年7-9月期~2022年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:梶田 脩斗/ 総括:松尾 朋紀

2020/06/08

経済再開後の回復ペースは緩慢

─感染防止と経済稼働の両立に向けた対策を─

第182回改訂 2020年4-6月期~2022年1-3月期

主査:西岡 慎一/ 総括:田中 顕/ 総括:梶田 脩斗

2020/05/27

【web説明会】第182回四半期経済予測

徐々に経済再開も、20年度マイナス7%成長

2020年4-6月期~2022年1-3月期

主査:西岡 慎一/ 総括:田中 顕/ 総括:梶田 脩斗