一覧へ戻る
アジア経済予測 中国・ASEAN4短期経済予測 (2018.12/ 18年10-12月期~21年1-3月期)

利上げ、貿易摩擦の影響徐々に

―内外需ともに勢い欠く―

主査:西岡 慎一
  主任研究員
総括:宮﨑 孝史
  副主任研究員
総括:髙橋 えり子
  副主任研究員
小川 祥恵 研究生
   
高木 英和 研究生
   
矢根 遥佳
  研究員

2018/12/04

 中国およびASEAN4ヵ国(インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン)の合計5ヵ国を対象にした「中国・ASEAN4短期経済予測」を発表しました。

【概要】

  • 18年10-12月期の実質GDPは、中国、ASEAN4とも内外需の勢いを欠き前期から減速。先行きも米中貿易摩擦や金融引き締めが下押し要因に。
  • 中国は対米貿易摩擦による悪影響を見込み、19年の見通しを下方修正。
  • ASEAN4も19年見通しを下方修正。インドネシア、フィリピンは米中貿易摩擦および通貨安に伴う利上げを織り込み、19年を中心に下方修正した。タイとマレーシアは外需の落ち込みで18年をともに下方修正。タイの19年は純輸出が回復することを見込み上方修正した。

【中国・ASEAN4の見通し】



(注)表は暦年ベース。下段カッコ内は18年8月時点での予測値。(資料)Haver Analytics、予測は日本経済研究センター

【関連レポート】

※短期経済予測最新報告書「景気拡大ペースは幾分鈍化―米金利上昇、貿易摩擦が重しに」(第176回/2018年10-12月期~2021年1-3月期)はこちら

※旧サイト(~2018.8月)のアジア経済予測レポート一覧はこちら

バックナンバー

2020/12/17

中国好調、ASEAN4は回復鈍く

中国・ASEAN4短期経済予測 2020.12 20年10-12月期~23年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:田中 顕/ 伊禮 琢人 研究生/ 丸山 大介 研究生

2020/12/10

コロナ禍のアジア、浮上するのはどこか

アジア経済中期予測 第6回2020-2035年

主査:上原 正詩/ 総括:田中 顕佐倉 環/ 宗像 藍子 研修生/ 山田 剛

2020/09/15

堅調な中国経済と反発力に欠けるASEAN4経済

中国・ASEAN4短期経済予測 2020.9 20年7-9月期~22年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:田中 顕/ 小澤 智彦 研究生/ 伊禮 琢人 研究生

2020/06/05

外需悪化で20年の中国はマイナス成長

―ASEANは都市封鎖の影響が深刻―

中国・ASEAN4短期経済予測 2020.6 20年4-6月期~22年1-3月期

主査:西岡 慎一/ 総括:田中 顕/ 研究員:菅 哲雄/ 宗像 藍子 研究生

2020/03/03

新型コロナで中国の所得倍増目標は未達に

―悪影響はASEANにも伝播―

中国・ASEAN4短期経済予測 2020.3 20年1-3月期~22年1-3月期

主査:西岡 慎一/ 総括:田中 顕/ 増田 裕介 研究生/ 若杉 達也 研究生