一覧へ戻る
アジア経済予測 中国・ASEAN4短期経済予測 (2019.03/ 19年1-3月期~21年1-3月期)

貿易摩擦の影響が顕在化

―各国政策対応や政治動向がカギ―

主査:西岡 慎一
  主任研究員
総括:髙橋 えり子
  ESP事業室長兼副主任研究員
総括:宮﨑 孝史
  副主任研究員
小針 誠 研究生
   
室元 翔太 研究生
   

2019/03/05

 中国およびASEAN4ヵ国(インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン)の合計5ヵ国を対象にした「中国・ASEAN4短期経済予測」を発表しました。

【概要】

  • 18年10-12月期の実質GDPは、中国では内外需の勢いを欠き前期から減速。ASEAN4では外需弱含むも内需堅調で方向感はまちまち。
  • 中国は米中通商交渉による先行き懸念の一部解消や政策対応による内需への影響を見込み、19年の見通しを上方修正。
  • ASEAN4は19年見通しを下方修正。ASEAN4全体としては引き続き消費などの内需が堅調の一方、輸出鈍化が成長率を下押し。米中通商交渉進展に伴い、19年上期をボトムに緩やかに回復する見込み。

【中国・ASEAN4の見通し】



(注)表は暦年ベース。下段カッコ内は18年12月時点での予測値。(資料)Haver Analytics、予測は日本経済研究センター

【関連レポート】

※短期経済予測最新報告書「米中貿易摩擦、戦後最長景気に試練」(第177回/2019年1-3月期~2021年1-3月期)はこちら

※旧サイト(~2018.8月)のアジア経済予測レポート一覧はこちら

バックナンバー

2022/03/17

中国・ASEAN4、ウクライナ危機の影響は限定的

中国・ASEAN4短期経済予測 2022.3 22年1-3月期~23年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:田中 顕/ アジア予測班:髙橋 えり子/ 小花 利輝 研究生

2021/12/22

中国・ASEAN4経済、消費下支えで緩やかに回復

中国・ASEAN4短期経済予測 2021.12 21年10-12月期~23年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:田中 顕/ アジア予測班:髙橋 えり子/ 田中 大貴 研究生

2021/12/15

2033年、中国が世界最大の経済大国に

1人当たりGDP、2027年に日韓逆転

アジア経済中期予測 第7回2021-2035年

主査:富山 篤/ 総括:高野 哲彰髙橋 えり子佐倉 環/ 丸山大介 研修生/ 上原 正詩山田 剛

2021/12/02

DX潜在力、スウェーデン世界首位

― 行政、教育などデジタル化進む
― 独自指数、慣習逆風日本16位

アジア経済中期予測

髙橋 えり子富山 篤

2021/11/12

ASEAN半導体企業、コロナ禍で急成長

労働集約の「後工程」に強み

アジア経済中期予測

丸山 大介 研究生