一覧へ戻る
アジア・コンセンサス調査 (第16回 / 2019年~2021年)

2020年のアジア経済、回復力弱く

――米中対立、米大統領選が行方を左右

主査:日下 淳
  主任研究員
主査:湯浅 健司
  首席研究員兼中国研究室長
上原 正詩
  主任研究員
山田 剛
  主任研究員
髙橋 えり子
  ESP事業室長兼副主任研究員
菅 哲雄
  研究員
宗像 藍子 研究生
   
笠置 正民 特別協力・東南アジア問題研究家
   

2019/12/23

 日本経済研究センターはアジアのエコノミストを対象に各国の経済成長や物価、為替動向などの見通しを聞いたアンケート「JCER/日経 アジア・コンセンサス」の第16回調査結果(調査期間=11月22日~12月11日、有効回答数=44)をまとめた。調査対象6カ国(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、インド)について、いずれも足元の2019年の経済は18年より低成長に止まるが、20年の成長率は19年に比べて高くなるとの見方が多かった。ただ、各国共通のリスク要因である米中対立の行方が依然として不透明で、世界経済の低迷も続くとの懸念は根強い。このため、20年の上昇率は小幅で、各国経済の回復力は力強さを欠く、という予想となった。特にここ数年、中国を超える高度成長を維持してきたインドは不安要素が多く、19/20年度が5.0%、20/21年度以降も6%台の成長となる見通しだ。

バックナンバー

2022/10/03

アジア経済 足元堅調も先行き不安強く

――インフレ、通貨安、中国リスクで23年予想下方修正

第27回 2022年~2024年

主査:上原 正詩/ 主査:湯浅 健司日下 淳山田 剛富山 篤髙橋 えり子田中 顕/ 奥津 茜 研究生/ 笠置 正民 特別協力・東南アジア問題研究家

2022/07/04

米利上げ、アジア経済に衝撃 年後半の減速懸念

――インフレ、通貨安の悪化予想強まる

第26回 2022年~2024年

主査:上原 正詩/ 主査:湯浅 健司日下 淳山田 剛富山 篤髙橋 えり子高野 哲彰/ 奥津 茜 研究生/ 笠置 正民 特別協力・東南アジア問題研究家

2022/04/04

ウクライナ紛争 アジア経済回復に冷水

――インフレ・通貨安招く 「コロナ」に代わるリスクに

第25回 2022年~2024年

主査:上原 正詩/ 主査:湯浅 健司日下 淳山田 剛富山 篤髙橋 えり子高野 哲彰/ 丸山 大介 研究生/ 笠置 正民 特別協力・東南アジア問題研究家

2021/12/20

ASEAN経済に底打ち感、22年は回復期待

――なお残るインフレ不安、オミクロンも警戒

第24回 2021年~2023年

主査:上原 正詩/ 主査:湯浅 健司日下 淳山田 剛富山 篤髙橋 えり子高野 哲彰/ 丸山 大介 研究生/ 笠置 正民 特別協力・東南アジア問題研究家

2021/10/04

アジアの21年成長率 一段の下方修正

――遠い本格回復、コロナ以外のリスクも重し

第23回 2021年~2023年

主査:上原 正詩/ 主査:湯浅 健司日下 淳山田 剛富山 篤髙橋 えり子高野 哲彰/ 丸山 大介 研究生/ 笠置 正民 特別協力・東南アジア問題研究家