一覧へ戻る
アジア・コンセンサス調査 (第16回 / 2019年~2021年)

2020年のアジア経済、回復力弱く

――米中対立、米大統領選が行方を左右

主査:日下 淳
  主任研究員
主査:湯浅 健司
  首席研究員兼中国研究室長
上原 正詩
  主任研究員
山田 剛
  主任研究員
髙橋 えり子
  副主任研究員
菅 哲雄
  研究員
宗像 藍子 研究生
   
笠置 正民 特別協力・東南アジア問題研究家
   

2019/12/23

 日本経済研究センターはアジアのエコノミストを対象に各国の経済成長や物価、為替動向などの見通しを聞いたアンケート「JCER/日経 アジア・コンセンサス」の第16回調査結果(調査期間=11月22日~12月11日、有効回答数=44)をまとめた。調査対象6カ国(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、インド)について、いずれも足元の2019年の経済は18年より低成長に止まるが、20年の成長率は19年に比べて高くなるとの見方が多かった。ただ、各国共通のリスク要因である米中対立の行方が依然として不透明で、世界経済の低迷も続くとの懸念は根強い。このため、20年の上昇率は小幅で、各国経済の回復力は力強さを欠く、という予想となった。特にここ数年、中国を超える高度成長を維持してきたインドは不安要素が多く、19/20年度が5.0%、20/21年度以降も6%台の成長となる見通しだ。

バックナンバー

2021/07/05

ASEAN経済、本格回復にはなお時間

――ワクチンの遅れ懸念、インフレも不安材料

第22回 2021年~2023年

主査:上原 正詩/ 主査:湯浅 健司日下 淳山田 剛/ 富山 篤 主任研究員/ 髙橋 えり子田中 顕/ 丸山 大介 研究生/ 笠置 正民 特別協力・東南アジア問題研究家

2021/04/05

ASEANの21年成長率、依然慎重な見方も

――ワクチン、外需の高まりに回復期待

第21回 2021年~2023年

主査:上原 正詩/ 主査:湯浅 健司日下 淳山田 剛田中 顕/ 宗像 藍子 研究生/ 丸山 大介 研究生/ 笠置 正民 特別協力・東南アジア問題研究家

2020/12/21

アジアの成長率 21年はプラス転換も回復弱く

――慎重な見方変わらず、コロナ前並み復帰は22年

第20回 2020年~2022年

主査:日下 淳/ 主査:湯浅 健司上原 正詩山田 剛/ 宗像 藍子 研究生/ 丸山 大介 研究生/ 笠置 正民 特別協力・東南アジア問題研究家

2020/10/05

アジア6カ国の成長率 一段の下方修正

――年内はマイナス予想~所得補償など対策急務

第19回 2020年~2022年

主査:日下 淳/ 主査:湯浅 健司上原 正詩山田 剛/ 宗像 藍子 研究生/ 笠置 正民 特別協力・東南アジア問題研究家

2020/09/08

新政権に「地域安定への貢献」「改革モデル」期待

――安倍時代:金融政策の評価2分、成長には失望  

主査:日下 淳