一覧へ戻る
短期経済予測 (第181回改訂 /2020年1-3月期~2022年1-3月期)

新型コロナで産業界総崩れ、深まる後退色

─米独への感染拡大が当面のリスク─

主査:西岡 慎一
  主任研究員
総括:田中 顕
  副主任研究員
総括:梶田 脩斗
  副主任研究員

2020/03/09

日本経済研究センターでは、従来の予測(2月17日公表「第181回四半期経済予測」<以下、SA181 >)を改訂した(以下、SA181R)。これは、本日公表された19年10-12月期のGDP2次速報値(2次QE)や最近の経済指標の動きなどを踏まえている。

【改訂のポイント】

19年10-12月期の2次QEが公表され、実質成長率は、前期比-1.8%(同年率-7.1%)と、1次QEの前期比-1.6%(同年率-6.3%)から下方修正された。消費と設備投資が落ち込み、増税後の景気が大きく悪化した姿が再確認された。1-3月期は、中国経済が過去に例をみないほど停滞し、日本の製造業や観光業にもこの影響が及んでいる。さらに、2月下旬以降、新型コロナの感染が世界に拡散していることが判明し、日本も経済活動の自粛を強いられている。この影響で、娯楽・宿泊・建設といった非製造業が打撃を受ける。産業界が総崩れとなり、日本経済は景気後退色を深めている。1-3月期は2期連続のマイナス成長とみる。

▽実質GDPの見通し▽

【関連レポート】

※中国・ASEAN4短期経済予測レポート「新型コロナで中国の所得倍増目標は未達に―悪影響はASEANにも伝播―」(2020年1-3月期~2022年1-3月期)はこちら

バックナンバー

2020/11/26

【web説明会】第184回四半期経済予測

景気回復、失速リスクはらみながらも22年度末まで持続

2020年10-12月期~2023年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:梶田 脩斗/ 総括:松尾 朋紀

2020/11/17

第184回<速報>景気回復、失速リスクはらみながらも22年度末まで持続

―外需は堅調持続、民需は21年度後半から伸び悩みへ―

2020年10-12月期~2023年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:梶田 脩斗/ 総括:松尾 朋紀

2020/09/08

民需の反発はやや後ずれも基本シナリオに変更なし

─将来期待の底割れ回避、緩やかな景気回復へ─

第183回改訂 2020年7-9月期~2022年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:梶田 脩斗/ 総括:松尾 朋紀

2020/08/25

【web説明会】第183回四半期経済予測

緩やかな景気回復から強含みへ

2020年7-9月期~2022年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:梶田 脩斗/ 総括:松尾 朋紀

2020/08/17

第183回<速報>緩やかな景気回復から強含みへ

―外需底堅く設備投資は反発、雇用環境とせめぎ合い―

2020年7-9月期~2022年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:梶田 脩斗/ 総括:松尾 朋紀