一覧へ戻る
短期経済予測 (2020年4-6月期~2022年1-3月期)

第182回<速報>徐々に経済再開も、20年度マイナス7%成長

―緊急宣言再発動なら、企業債務は金融不安期並みに―

主査:西岡 慎一
  主任研究員
総括:田中 顕
  副主任研究員
総括:梶田 脩斗
  副主任研究員

2020/05/18

日本経済研究センターは、最近の金融経済情勢と5月18日に内閣府が公表した2020年1-3月期のGDP速報(1次速報値)を踏まえて、これまでの予測(20年4月時点)を改訂し、「第182回四半期経済予測」(以下、SA182)を取りまとめた。本稿では、その概要を紹介する。

世界経済は大きく悪化しており、4-6月期は類例のないマイナス成長が予想される。日本でも、1-3月期に年率3%超のマイナスとなった後、4-6月期は20%以上の減少が見込まれる。米欧など多くの国で、厳しい都市封鎖が徐々に緩和されており、製造業・建設業など感染リスクの低い産業を中心に操業が再開している。社会的距離を保ちながらの店舗営業を認める国もみられる。日本でも、多くの県で緊急事態宣言は解除された。それでも、海外の成長率は20年に3.6%減少し、日本でも、20年度はマイナス7%に落ち込むと予想する。21年度は反発する見通しながら、感染の再拡大を警戒して、消費・投資活動は自制されるとみる。

<短期予測web説明会を開催します>※会員限定

配信予定日:5月27日(水)

 

バックナンバー

2020/11/26

【web説明会】第184回四半期経済予測

景気回復、失速リスクはらみながらも22年度末まで持続

2020年10-12月期~2023年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:梶田 脩斗/ 総括:松尾 朋紀

2020/11/17

第184回<速報>景気回復、失速リスクはらみながらも22年度末まで持続

―外需は堅調持続、民需は21年度後半から伸び悩みへ―

2020年10-12月期~2023年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:梶田 脩斗/ 総括:松尾 朋紀

2020/09/08

民需の反発はやや後ずれも基本シナリオに変更なし

─将来期待の底割れ回避、緩やかな景気回復へ─

第183回改訂 2020年7-9月期~2022年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:梶田 脩斗/ 総括:松尾 朋紀

2020/08/25

【web説明会】第183回四半期経済予測

緩やかな景気回復から強含みへ

2020年7-9月期~2022年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:梶田 脩斗/ 総括:松尾 朋紀

2020/08/17

第183回<速報>緩やかな景気回復から強含みへ

―外需底堅く設備投資は反発、雇用環境とせめぎ合い―

2020年7-9月期~2022年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:梶田 脩斗/ 総括:松尾 朋紀