一覧へ戻る
アジア経済予測 中国・ASEAN4短期経済予測 (2020.6/ 20年4-6月期~22年1-3月期)

外需悪化で20年の中国はマイナス成長

―ASEANは都市封鎖の影響が深刻―

主査:西岡 慎一
  主任研究員
総括:田中 顕
  副主任研究員
研究員:菅 哲雄
  研究員
宗像 藍子 研究生
   

2020/06/05

 中国およびASEAN4ヵ国(インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン)の合計5ヵ国を対象にした「中国・ASEAN4短期経済予測」を発表しました。

【概要】

  • 中国の20年1-3月期の実質GDP成長率は前年比6.8%減少。4月以降、経済活動の制限は緩和され、工業生産や消費は徐々に回復している。ただ、外需の低迷により4-6月期もマイナス成長となる見込み。20年のGDPは前年の水準に届かず、マイナス0.2%となる見通し。21年は9.2%の反発を予想。
  • ASEAN4は都市封鎖で消費や企業活動が停滞。4-6月期は前年比8%近くの大幅なマイナス成長を予想。各国は経済再開に舵を切り始めたが、20年は3.0%のマイナス成長に陥る見込み。21年は6.4%に戻る予想。

【中国・ASEAN4の見通し】

 

【関連レポート】

※短期経済予測最新レポート「徐々に経済再開も、20年度マイナス7%成長」(第182回/2020年4-6月期~2022年1-3月期)はこちら

※旧サイト(~2018.8月)のアジア経済予測レポート一覧はこちら

バックナンバー

2022/03/17

中国・ASEAN4、ウクライナ危機の影響は限定的

中国・ASEAN4短期経済予測 2022.3 22年1-3月期~23年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:田中 顕/ アジア予測班:髙橋 えり子/ 小花 利輝 研究生

2021/12/22

中国・ASEAN4経済、消費下支えで緩やかに回復

中国・ASEAN4短期経済予測 2021.12 21年10-12月期~23年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:田中 顕/ アジア予測班:髙橋 えり子/ 田中 大貴 研究生

2021/12/15

2033年、中国が世界最大の経済大国に

1人当たりGDP、2027年に日韓逆転

アジア経済中期予測 第7回2021-2035年

主査:富山 篤/ 総括:高野 哲彰髙橋 えり子佐倉 環/ 丸山大介 研修生/ 上原 正詩山田 剛

2021/12/02

DX潜在力、スウェーデン世界首位

― 行政、教育などデジタル化進む
― 独自指数、慣習逆風日本16位

アジア経済中期予測

髙橋 えり子富山 篤

2021/11/12

ASEAN半導体企業、コロナ禍で急成長

労働集約の「後工程」に強み

アジア経済中期予測

丸山 大介 研究生