一覧へ戻る
アジア・コンセンサス調査

新政権に「地域安定への貢献」「改革モデル」期待

――安倍時代:金融政策の評価2分、成長には失望  

主査:日下 淳
  主任研究員
 

2020/09/08

 日本経済研究センターはアジアのエコノミストを対象に、安倍政権の8年間の評価と次期政権への期待などを聞く緊急アンケート調査を実施した。大胆な緩和を進めた金融政策については評価が分かれる一方、成長政策や実績には厳しい見方が多かった。女性の活躍拡大、外国人労働者の受け入れ拡大、安倍政権の外交政策への評価は高かった。次期政権の期待では、アジア諸国との連携強化や米中両国との巧みな関係構築を通じた「地域安定への貢献」を望む声が強かった。また、社会保障改革や構造改革の推進により、アジア諸国の参考になる「モデル」を示すよう期待する意見も目立った。

英語レポート "Asian Economists Project Role for Japan in Regional Stability" はこちら

バックナンバー

2020/09/08

新政権に「地域安定への貢献」「改革モデル」期待

――安倍時代:金融政策の評価2分、成長には失望  

主査:日下 淳

2020/07/08

コロナ禍深刻 アジア6カ国、20年はマイナス成長

――雇用不安が顕著に~デジタル化など構造変化も

第18回 2020年~2022年

主査:日下 淳/ 主査:湯浅 健司上原 正詩山田 剛菅 哲雄/ 宗像 藍子 研究生/ 笠置 正民 特別協力・東南アジア問題研究家

2020/04/06

アジア経済、2020年は急ブレーキ

――コロナ危機打撃、失業増大など社会不安懸念も

第17回 2020年~2022年

主査:日下 淳/ 主査:湯浅 健司上原 正詩山田 剛菅 哲雄/ 宗像 藍子 研究生/ 笠置 正民 特別協力・東南アジア問題研究家

2019/12/23

2020年のアジア経済、回復力弱く

――米中対立、米大統領選が行方を左右

第16回 2019年~2021年

主査:日下 淳/ 主査:湯浅 健司上原 正詩山田 剛髙橋 えり子菅 哲雄/ 宗像 藍子 研究生/ 笠置 正民 特別協力・東南アジア問題研究家

2019/10/07

東南アは5調査、インドは4調査連続の下方修正

――「米中」の影響拡大、中東など地政学リスク浮上 

第15回 2019年~2021年

主査:日下 淳/ 主査:湯浅 健司上原 正詩山田 剛髙橋 えり子菅 哲雄/ 宗像 藍子 研究生