一覧へ戻る
月次GDP

8月の月次GDP、前月比0.6%増

―外需がプラス寄与も回復ペース鈍く―

松尾 朋紀
  研究員

2020/10/12

日本経済研究センターがまとめた2020年8月の実質国内総生産(GDP)=月次GDP は、前月比+0.6%となった。国内民需は小幅なマイナス寄与だったが、EUやNIES・ASEANなど向けの輸出が伸びたことで外需が増加し、8月の月次GDPを押し上げた。

仮に7-9月期が7-8月の平均値の水準で推移した場合、2020年4-6月期と比べた実質GDPは、前期比年率換算で+12.6%となる。ただし、4-6月期の大きな落ち込み(前期比年率▲28.1%)からは半分も取り戻しておらず、回復のペースは鈍いと言える。

支出項目の主な内訳は以下の通り。

【外需】
  • 輸出、輸入がそれぞれ前月比+5.4%、同▲0.0%となったため、実質GDP成長率への寄与度は+0.8%ポイントだった。
【民需】
  • 民間住宅投資、民間企業設備投資、民間最終消費支出がそれぞれ前月比▲1.0%、同▲0.6%、同▲0.1%と前月から減少した。
  • 民間在庫変動と合わせた実質GDP成長率への国内民需の寄与度は▲0.1%ポイントとなった。
【公需】
  • 公的資本形成は前月比+0.6%、政府最終消費支出は同▲0.3%だったことから、公需の成長率への寄与度は▲0.0%ポイントとわずかなマイナスだった。
  • 国内民需と公需を合わせた内需の成長率への寄与度は▲0.2%ポイントだった。

キーワード

バックナンバー

2020/10/12

8月の月次GDP、前月比0.6%増

―外需がプラス寄与も回復ペース鈍く―

松尾 朋紀