一覧へ戻る
景気後退確率

12月の景気後退確率は23.7%に上昇

先行指数が7ヵ月ぶりに低下

宮﨑 孝史
  副主任研究員

2021/02/08

  日本経済研究センターがまとめた2020年12月の景気後退確率は23.7%となった(図1)。最終需要財在庫率や消費者態度、中小企業売上げ見通しなどの悪化により、同確率の計算の基礎となる先行指数が7ヵ月ぶりに低下したことで、同確率は前月から上昇した。依然として景気後退の目安となる67%は下回っているものの、緊急事態宣言の発令を受けて1月の消費者マインドは一段と冷え込んでおり、先行きは不透明感が強い。

【図1 景気後退確率(2020年12月)】

【表1 景気後退確率と先行CIの推移(過去1年間)】

  * 2020年7月分公表時より、景気後退確率の推定方法を見直しました。詳しくは、こちらをご覧ください

バックナンバー

2022/11/10

9月の景気後退確率は75.8%に上昇

生産関連指標が先行CI押し下げ

下田 吉輝

2022/10/11

8月の景気後退確率は54.9%に低下

消費者態度改善が先行CI押し上げ

下田 吉輝

2022/09/08

7月の景気後退確率は84.7%に上昇

消費者態度悪化が先行CI押し下げ

下田 吉輝

2022/08/09

6月の景気後退確率は71.1%に上昇

「早期警戒シグナル」点灯

下田 吉輝

2022/07/08

5月の景気後退確率は45.2%に上昇

中国ロックダウンで生産指標悪化

下田 吉輝