一覧へ戻る
アジア経済予測 中国・ASEAN4短期経済予測 (2021.3/ 21年1-3月期~23年1-3月期)

成長続く中国経済、回復遅れるASEAN4

主査:稲葉 圭一郎
  短期経済予測主査・主任研究員
総括:田中 顕
  副主任研究員
原澤 大地 研究生
   

2021/03/16

 中国およびASEAN4ヵ国(インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン)の合計5ヵ国を対象にした「中国・ASEAN4短期経済予測」を発表しました。

【概要】

  • 中国GDPの実質前年比は、20年10-12月期に6.5%となり、前の期の4.9%からさらに高まった。21年入り後、厳しい感染抑制策による雇用・所得環境の回復ペース鈍化は一時的なものにとどまるほか、設備投資ならびに外需が景気拡大を牽引する。政府の巨額な製造業振興策やインフラ整備計画もそれを後押しし続ける。実質GDP成長率は21年:8.9%、22年:5.9%と予測する。
  • ASEAN4のGDPの実質前年比は、20年10-12月期に-3.8%となり、前の期の-5.3%から改善した。冬場において感染が拡大した国では、民間消費を中心に景気が反落した。総じて、ワクチン確保が遅れており、接種完了時期も不透明である。実質GDP成長率は21年:5.3%、22年:5.8%と予測する。

【中国・ASEAN4の見通し】

 

【関連レポート】

※短期経済予測最新レポート「21年1-3月期の落ち込み予測、ごく小幅に」(第185回改訂/2021年1-3月期~2023年1-3月期)はこちら

※旧サイト(~2018.8月)のアジア経済予測レポート一覧はこちら

バックナンバー

2021/03/16

成長続く中国経済、回復遅れるASEAN4

中国・ASEAN4短期経済予測 2021.3 21年1-3月期~23年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:田中 顕/ 原澤 大地 研究生

2020/12/17

中国好調、ASEAN4は回復鈍く

中国・ASEAN4短期経済予測 2020.12 20年10-12月期~23年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:田中 顕/ 伊禮 琢人 研究生/ 丸山 大介 研究生

2020/12/10

コロナ禍のアジア、浮上するのはどこか

アジア経済中期予測 第6回2020-2035年

主査:上原 正詩/ 総括:田中 顕佐倉 環/ 宗像 藍子 研修生/ 山田 剛

2020/09/15

堅調な中国経済と反発力に欠けるASEAN4経済

中国・ASEAN4短期経済予測 2020.9 20年7-9月期~22年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:田中 顕/ 小澤 智彦 研究生/ 伊禮 琢人 研究生

2020/06/05

外需悪化で20年の中国はマイナス成長

―ASEANは都市封鎖の影響が深刻―

中国・ASEAN4短期経済予測 2020.6 20年4-6月期~22年1-3月期

主査:西岡 慎一/ 総括:田中 顕/ 研究員:菅 哲雄/ 宗像 藍子 研究生