一覧へ戻る
中期経済予測 ( 第47回/ 2020-2035年度 )

コロナ後の日本経済 DX加速はグリーン成長への道

主査:小林 辰男
  政策研究室長兼主任研究員
総括:高野 哲彰
  副主任研究員
猿山 純夫
  首席研究員
落合 勝昭
  特任研究員
出口恭子
  主任研究員
川崎 泰史
  特任研究員
鈴木 達治郎
  特任研究員/長崎大学教授
小林 光
  特任研究員
有田勇一(衆議院事務局より派遣)、中原鉄二(東日本銀行より派遣)、松尾俊哉(中部電力より派遣)
   

2021/03/22

 新型コロナウイルスの感染拡大は世界の経済社会へ大きな影響を与えています。日本は、さらに人口減少や高齢化といった構造要因にも直面しています。菅義偉首相による「脱炭素社会宣言」によって脱炭素制約も加わりました。こうした制約下でも経済成長を維持するにはDX(デジタル・トランスフォーメーション)社会の実現がカギを握ります。第47回中期経済予測ではDXによるグリーン成長の道筋を探りました。

 

改革シナリオのみプラス成長を維持

(資料)国民経済計算年次推計。20年度以降は日本経済研究センター推計。


3月末をめどに報告書(冊子)をお届けする予定です。

バックナンバー

2021/03/22

コロナ後の日本経済 DX加速はグリーン成長への道

第47回 2020-2035年度

主査:小林 辰男/ 総括:高野 哲彰猿山 純夫落合 勝昭出口恭子川崎 泰史鈴木 達治郎小林 光/ 有田勇一(衆議院事務局より派遣)、中原鉄二(東日本銀行より派遣)、松尾俊哉(中部電力より派遣)

2020/09/29

米大統領選と内外経済の行方 国際協調復帰なら米成長上振れも

トランプ続けばアジアで存在感低下

第47回 2020-2035年度

猿山 純夫

2020/07/01

コロナ危機のビフォー/アフター~債務の急拡大などで経済水準は2%低下~

感染長期化、国際摩擦の激化は、恐慌招く悪夢のシナリオ

第47回速報 2020-2035年度

小林 辰男猿山 純夫落合 勝昭

2020/03/25

デジタル&グリーン化で豊かさ維持

―縮小の常態化を避ける道筋

第46回中期経済予測 2019-2035年度

主査:田原 健吾 / コーディネーター:松尾 朋紀小林 辰男猿山 純夫落合 勝昭蓮見 亮川崎 泰史/ 石井 康広 研究生(横浜銀行より派遣)/ 浦郷 忠右 研究生(阪急阪神ホールディングスより派遣)/ 津久井 大介 研究生(東日本銀行より派遣)/ 根本 涼 研究生(日本経済新聞社より派遣)

2019/12/06

2035年、輸出産業は先細り-インバウンド消費は2.5倍に-

生産性の伸びは限定的、経済は停滞

産業ピックアップ(標準シナリオ)