一覧へ戻る
中期経済予測 ( 第48回/ 2021-2035年度 )

米国経済の行方を読む
バイデン財政、経済の振れを拡大

ゼロ金利、早めの軌道修正も

猿山 純夫
  首席研究員
宮﨑 孝史
  副主任研究員

2021/06/15

 バイデン大統領は米国再建に向けた3つの計画を打ち出した。増税で財源を得ながら、政府支出を大幅に拡大する。市場が懸念する景気過熱や、物価や金融政策の局面変化につながる可能性はあるか、中期的な米国経済のパスを点検した。

<<ポイント>>
  1. バイデン大統領は、コロナ対策(Rescue Plan)、インフラ拡充と雇用創出(Jobs Plan)、教育や育児環境などの改善(Families Plan)の3計画を打ち出した。総額は10年間で5.4兆㌦。うち2兆㌦(米GDPの約10%)は目先の2年間に集中する。法人税率引き上げなどにより、10年間で2.5兆㌦の増収を見込む。
  2. 米議会予算局(CBO)の見通しを基に、成長軌道を試算すると、財政出動と同額のマクロ効果を想定する場合、21年のGDPギャップ(マクロの需給関係)は4%の需要超に振れる。コロナ対策の効果が一巡する23年には、同ギャップはほぼゼロに戻り、景気の振れが大きくなる。
  3. 需給のタイト化から個人消費デフレータの上昇率で測ったインフレ率は2%超えが続く可能性が強まる。FRB(米連邦準備理事会)は23年末までの緩和維持を掲げるが、政策金利は2~6%へ利上げ圧力を受ける。緩和を続ければ一層の景気上振れを助長する恐れもあり、ゼロ金利は早めの軌道修正を迫られる可能性がある。

 

バックナンバー

2021/06/15

米国経済の行方を読む
バイデン財政、経済の振れを拡大

ゼロ金利、早めの軌道修正も

第48回 2021-2035年度

猿山 純夫宮﨑 孝史

2021/03/22

コロナ後の日本経済 DX加速はグリーン成長への道

第47回 2020-2035年度

主査:小林 辰男/ 総括:高野 哲彰猿山 純夫落合 勝昭出口恭子川崎 泰史鈴木 達治郎小林 光/ 有田勇一(衆議院事務局より派遣)、中原鉄二(東日本銀行より派遣)、松尾俊哉(中部電力より派遣)

2020/09/29

米大統領選と内外経済の行方 国際協調復帰なら米成長上振れも

トランプ続けばアジアで存在感低下

第47回 2020-2035年度

猿山 純夫

2020/07/01

コロナ危機のビフォー/アフター~債務の急拡大などで経済水準は2%低下~

感染長期化、国際摩擦の激化は、恐慌招く悪夢のシナリオ

第47回速報 2020-2035年度

小林 辰男猿山 純夫落合 勝昭

2020/03/25

デジタル&グリーン化で豊かさ維持

―縮小の常態化を避ける道筋

第46回中期経済予測 2019-2035年度

主査:田原 健吾 / コーディネーター:松尾 朋紀小林 辰男猿山 純夫落合 勝昭蓮見 亮川崎 泰史/ 石井 康広 研究生(横浜銀行より派遣)/ 浦郷 忠右 研究生(阪急阪神ホールディングスより派遣)/ 津久井 大介 研究生(東日本銀行より派遣)/ 根本 涼 研究生(日本経済新聞社より派遣)