一覧へ戻る
アジア経済予測 アジア経済中期予測

アジア、コロナで消えた180兆円

20年、サービス業の打撃深刻 負債拡大で中期的な影響も

丸山 大介 研究生
   
高野 哲彰
  副主任研究員

2021/10/20

アジア中期経済予測班では、12月に公表する中期予測に先駆け、随時レポートを公表してまいります。今回は、第1弾として、コロナ危機がアジアにもたらした損失を試算しました。

【概要】

アジア経済で、観光業などサービス産業が大きな打撃を受けている。新型コロナウイルスが流行した2020年、日本を含むアジア15カ国・地域の経済全体の損失は名目GDPに換算すると約180兆円にのぼった。インドやASEAN5など平時の成長率が高い国ほど打撃が大きく、特に飲食や観光などサービス業の落ち込みが激しかった。コロナによる影響は中期的な産業構造にも残る可能性がある。2020年のGDP生産額から産業への影響を整理し、今後の展望を探る。

コロナ禍の逸失利益:名目GDP

(注)コロナ危機なかりせばのGDPは新型コロナの感染拡大が明らかになる前(2019年10月時点)のIMF予想(World Economic outlook)を用いた。
(資料)CEIC、Haver Analytics、IMF

バックナンバー

2022/03/17

中国・ASEAN4、ウクライナ危機の影響は限定的

中国・ASEAN4短期経済予測 2022.3 22年1-3月期~23年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:田中 顕/ アジア予測班:髙橋 えり子/ 小花 利輝 研究生

2021/12/22

中国・ASEAN4経済、消費下支えで緩やかに回復

中国・ASEAN4短期経済予測 2021.12 21年10-12月期~23年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:田中 顕/ アジア予測班:髙橋 えり子/ 田中 大貴 研究生

2021/12/15

2033年、中国が世界最大の経済大国に

1人当たりGDP、2027年に日韓逆転

アジア経済中期予測 第7回2021-2035年

主査:富山 篤/ 総括:高野 哲彰髙橋 えり子佐倉 環/ 丸山大介 研修生/ 上原 正詩山田 剛

2021/12/02

DX潜在力、スウェーデン世界首位

― 行政、教育などデジタル化進む
― 独自指数、慣習逆風日本16位

アジア経済中期予測

髙橋 えり子富山 篤

2021/11/12

ASEAN半導体企業、コロナ禍で急成長

労働集約の「後工程」に強み

アジア経済中期予測

丸山 大介 研究生