一覧へ戻る
中期経済予測 ( 第43回中期経済予測 / 2016-2030年度 )

若者支援で活路を開く

―牽引力不在の「弱気の罠」を打破―

主査:河越正明・日本経済研究センター研究本部主任研究員
   

2017/03/29

中期予測班:河越正明、加藤肇、落合勝昭、蓮見亮、高良真人、入江啓彰(近畿大学短期大学部准教授)、鈴木善充(近畿大学短期大学部准教授)、高橋元氣(研究生、日本経済新聞社)

・標準シナリオ
日本経済は2014年度の消費増税によるマイナス成長の後、2015、2016年度に1%台の成長が続く見込みだが、企業収益の増加にかかわらず前向きな取り組みは極めて鈍く、後の世代の消費は前の世代より低い水準にとどまるなど牽引力が見当たらないことが問題だ。こうしたなかで成長率が徐々に低下していく。

・改革シナリオ
改革シナリオでは、若者支援(子育て支援、教育支援)、賃上げ・働き方改革の実施によって、前向きの力が出てこない「弱気の罠」から、抜け出す姿を描いている。

■中期経済予測報告書に関して■

・2017/03/29: 報告書全文を掲載いたしました。また、会員の皆様へ報告書を発送しました。

 

2016年度以前のバックナンバーはこちら

バックナンバー

2018/11/06

内需を支える投資へ転換を

「経済消耗戦」で海外環境は厳しさを増す

第45回(標準シナリオ)中期経済予測 2018-2030年度

主査:前田 佐恵子落合 勝昭蓮見 亮田中 顕/ 佐藤 千尋 研究生(参議院事務局より派遣)/ 本田 幸久 研究生(日本経済新聞社より派遣)/ 山下 翔悟 研究生(アフラックより派遣)

2018/03/23

「働き方」刷新で成長力を高めよ

ー長寿生かす社会にー

第44回中期経済予測 2017-2030年度

総主査:猿山 純夫/ 主査:前田 佐恵子落合 勝昭蓮見 亮/ 高良 真人 研究員/ 黒岩 和輝(研究生、アフラック)/ 鈴木 梓(研究生、衆議院事務局)

2018/02/22

人生100年 10年長く就業を

――世代格差 均せる可能性

第44回中期経済予測 論点

猿山 純夫前田 佐恵子蓮見 亮/ 黒岩和輝(研究生、アフラック)

2017/12/18

Slow US Wage Growth Explained

- Changing Demographic & Employment Trends

第44回中期経済予測 論点

髙橋 えり子

2017/12/01

反グローバル化の底流を読む

雇用揺らぎ穏健主義が後退ーデジタル化への備えも急げー

第44回中期経済予測 論点

猿山 純夫