一覧へ戻る
中期経済予測 (第44回中期経済予測 論点)

Slow US Wage Growth Explained

- Changing Demographic & Employment Trends

髙橋 えり子
  副主任研究員

2017/12/18

景気上昇が続き、失業率は17年ぶりの低水準だというのに、米国では賃金の動きが鈍い。背後にある要因は何か。ベビーブーム世代が現役から退きつつあるのに加え、プライムエイジ世代(25~54歳)の労働意欲も衰えている。低失業率が指し示すほど雇用の逼迫が起きていない可能性がある。労働生産性の低いサービス雇用の増加も賃金を抑える。米国経済の基調や政治の風向きを左右する可能性もある賃金の行方を、人口や雇用の構造変化から読み解いた。本稿は筆者が米国コンファレンス・ボード派遣期間中の研究成果をまとめたものである。

バックナンバー

2020/09/29

米大統領選と内外経済の行方 国際協調復帰なら米成長上振れも

トランプ続けばアジアで存在感低下

第47回 2020-2035年度

猿山 純夫

2020/07/01

コロナ危機のビフォー/アフター~債務の急拡大などで経済水準は2%低下~

感染長期化、国際摩擦の激化は、恐慌招く悪夢のシナリオ

第47回速報 2020-2035年度

小林 辰男猿山 純夫落合 勝昭

2020/03/25

デジタル&グリーン化で豊かさ維持

―縮小の常態化を避ける道筋

第46回中期経済予測 2019-2035年度

主査:田原 健吾 / コーディネーター:松尾 朋紀小林 辰男猿山 純夫落合 勝昭蓮見 亮川崎 泰史/ 石井 康広 研究生(横浜銀行より派遣)/ 浦郷 忠右 研究生(阪急阪神ホールディングスより派遣)/ 津久井 大介 研究生(東日本銀行より派遣)/ 根本 涼 研究生(日本経済新聞社より派遣)

2019/12/06

2035年、輸出産業は先細り-インバウンド消費は2.5倍に-

生産性の伸びは限定的、経済は停滞

産業ピックアップ(標準シナリオ)

2019/11/11

2030年代の日本経済はゼロ成長に

人口減・高齢化重く、輸出頼み強まる

第46回(標準シナリオ)中期経済予測 2019-2035年度

主査:田原 健吾 / コーディネーター:松尾 朋紀小林 辰男落合 勝昭蓮見 亮/ 石井 康広 研究生(横浜銀行より派遣)/ 浦郷 忠右 研究生(阪急阪神ホールディングスより派遣)/ 津久井 大介 研究生(東日本銀行より派遣)/ 根本 涼 研究生(日本経済新聞社より派遣)