一覧へ戻る
中期経済予測 (第44回中期経済予測 論点)

人生100年 10年長く就業を

――世代格差 均せる可能性

猿山 純夫
  首席研究員
前田 佐恵子
  主任研究員
蓮見 亮
  研究員
黒岩和輝(研究生、アフラック)
   

2018/02/22

高齢化は社会保障費の増加につながり、現役世代の負担はさらに重く――。高齢化=暗い将来という図式になりがちだ。しかし同時に進む長寿化により、若い世代ほど長い人生を享受でき、今より長く働くことも自然になる。支えられる側から支える側へ。現役引退を今より10年遅らせると、社会保障給付が削減でき財政が改善。その分を現役層の負担軽減に回せば、世代間格差を均すことができる。30歳ずつ離れた3世代の生涯収支と消費から検証した。人生100年時代には65歳の引退は早すぎる。70代まで働ける制度作りを進めるべきだ。


※2月初めのPAFTAD(太平洋地域の貿易と開発に関する国際コンファレンス)で報告した分析です。

バックナンバー

2018/11/06

内需を支える投資へ転換を

「経済消耗戦」で海外環境は厳しさを増す

第45回(標準シナリオ)中期経済予測 2018-2030年度

主査:前田 佐恵子落合 勝昭蓮見 亮田中 顕/ 佐藤 千尋 研究生(参議院事務局より派遣)/ 本田 幸久 研究生(日本経済新聞社より派遣)/ 山下 翔悟 研究生(アフラックより派遣)

2018/03/23

「働き方」刷新で成長力を高めよ

ー長寿生かす社会にー

第44回中期経済予測 2017-2030年度

総主査:猿山 純夫/ 主査:前田 佐恵子落合 勝昭蓮見 亮/ 高良 真人 研究員/ 黒岩 和輝(研究生、アフラック)/ 鈴木 梓(研究生、衆議院事務局)

2018/02/22

人生100年 10年長く就業を

――世代格差 均せる可能性

第44回中期経済予測 論点

猿山 純夫前田 佐恵子蓮見 亮/ 黒岩和輝(研究生、アフラック)

2017/12/18

Slow US Wage Growth Explained

- Changing Demographic & Employment Trends

第44回中期経済予測 論点

髙橋 えり子

2017/12/01

反グローバル化の底流を読む

雇用揺らぎ穏健主義が後退ーデジタル化への備えも急げー

第44回中期経済予測 論点

猿山 純夫