アジア経済予測

アジア経済中期予測

日本への出稼ぎ労働者、2032年に頭打ち

―現地給与上昇と円安で旨味薄れる
―“稼げる”韓国、中東などに流出も

富山 篤
  アジア予測室長兼主任研究員
田中 顕
  副主任研究員
下田 吉輝
  研究員

2022/11/15

アジア中期経済予測班では、12月に公表する中期予測に先駆け、随時レポートを公表してまいります。今回は、第1弾として、アジアの出稼ぎ労働者の動向について分析しました。 【概要】 日本に多く出稼ぎに来ている東南アジア各国(ベトナム、インドネシア、タイ)の現地給与はリスクシナリオで2030~2032年に日本の給与水準の50%を超え、日本に来る旨味が薄れる 出稼ぎ労働者層の過去の賃金

>続きを読む
2022/11/15

日本への出稼ぎ労働者、2032年に頭打ち

―現地給与上昇と円安で旨味薄れる
―“稼げる”韓国、中東などに流出も

アジア経済中期予測

富山 篤田中 顕下田 吉輝

2022/06/14

中国ゼロコロナ政策、景気を下押し

中国・ASEAN4短期経済予測 2022.6 22年4-6月期~23年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎田中 顕

2022/03/17

中国・ASEAN4、ウクライナ危機の影響は限定的

中国・ASEAN4短期経済予測 2022.3 22年1-3月期~23年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:田中 顕/ アジア予測班:髙橋 えり子/ 小花 利輝 研究生