アジア経済予測

中国・ASEAN4短期経済予測 (2018.08/ 18年7-9月期~20年1-3月期)

内需堅調で緩やかな景気拡大

―通商摩擦と通貨安に懸念

主査:西岡 慎一
  主任研究員
総括:髙橋 えり子
  副主任研究員
青山 寿敏 研究生
   
堂本 健太 研究生
   
山田 祐太郎 研究生
   

2018/08/30

 中国およびASEAN4カ国(インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン)の合計5カ国を対象にした「中国・ASEAN4短期経済予測」を発表しました。 【概要】 ● 18年4-6月期の実質GDPは、中国、ASEAN4とも堅調な内需を背景に緩やかな成長が継続。先行きは通商摩擦や通貨安による悪影響に懸念も。 ● 中国は18年上半期の堅調な実績を踏まえ、18年見通しを上方修正。 ● ASEAN

>続きを読む