アジア経済予測

中国・ASEAN4短期経済予測 (2022.3/ 22年1-3月期~23年1-3月期)

中国・ASEAN4、ウクライナ危機の影響は限定的

主査:稲葉 圭一郎
  主任研究員 (短期経済予測主査)
総括:田中 顕
  副主任研究員
アジア予測班:髙橋 えり子
  ESP事業室長兼副主任研究員
小花 利輝 研究生
   

2022/03/17

 中国およびASEAN4ヵ国(インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン)の合計5ヵ国を対象にした「中国・ASEAN4短期経済予測」を発表しました。 【概要】 中国の21年10-12月期における実質GDPの前年比は4%増。対米輸出や民間消費を主因に前回予測(3%)を上振れた。21年の実質成長率は8.1%で着地。今後についても底堅い景気展開が続くと予測。エネルギー自給率が高いうえに、ロシ

>続きを読む
2022/03/17

中国・ASEAN4、ウクライナ危機の影響は限定的

中国・ASEAN4短期経済予測 2022.3 22年1-3月期~23年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:田中 顕/ アジア予測班:髙橋 えり子/ 小花 利輝 研究生