中期経済予測

( 第48回(標準シナリオ)中期経済予測 / 2021-2035年度 )

DX社会の構築なければ、30年代はマイナス成長に

米中対立激化なら20年代後半にもマイナス成長の可能性

 

2021/12/07

 新型コロナウイルス収束後の日本経済はどうなるのか。人口減少や高齢化といった構造問題はコロナ前からあった。国内外のコロナの感染拡大が22年度中に収束したとしても、日本経済にはコロナの傷跡が残る公算が高く、脱炭素制約も加わり、DX(デジタル・トランスフォーメーション)社会を実現させなければ成長持続は難しい。  DX社会を構築できず、投資や生産性をめぐる現在の環境を改革できなければ、低迷する成長力(

>続きを読む
2021/12/07

DX社会の構築なければ、30年代はマイナス成長に

米中対立激化なら20年代後半にもマイナス成長の可能性

第48回(標準シナリオ)中期経済予測 2021-2035年度

2021/06/15

米国経済の行方を読む
バイデン財政、経済の振れを拡大

ゼロ金利、早めの軌道修正も

第48回 2021-2035年度

猿山 純夫宮﨑 孝史

2021/03/22

コロナ後の日本経済 DX加速はグリーン成長への道

第47回 2020-2035年度

主査:小林 辰男/ 総括:高野 哲彰猿山 純夫落合 勝昭出口恭子川崎 泰史鈴木 達治郎小林 光/ 有田勇一(衆議院事務局より派遣)、中原鉄二(東日本銀行より派遣)、松尾俊哉(中部電力より派遣)