中期経済予測

( 第44回中期経済予測 / 2017-2030年度 )

「働き方」刷新で成長力を高めよ

ー長寿生かす社会にー

総主査:猿山 純夫
  首席研究員
主査:前田 佐恵子
  主任研究員
落合 勝昭
  特任研究員
蓮見 亮
  研究員
高良 真人 研究員
   
黒岩 和輝(研究生、アフラック)
   
鈴木 梓(研究生、衆議院事務局)
   

2018/03/23

 足元の日本経済は、海外景気の好調等に支えられ、景気拡大を続けている。しかし、中期的な見通しは依然として慎重にみる必要がある。国内市場の先細りを見越し、企業は国内の設備拡張や人的投資には二の足を踏む。注力するのは、海外事業の拡大と、国内では省力化投資程度だ。人的投資も縮小しているため、新しい技術を吸収できず、成長の芽が育たない。賃金は伸び悩み、労働分配率は下降線をたどる。  働き方の刷新がこの流

>続きを読む