中期経済予測

( 第47回速報/ 2020-2035年度 )

コロナ危機のビフォー/アフター~債務の急拡大などで経済水準は2%低下~

感染長期化、国際摩擦の激化は、恐慌招く悪夢のシナリオ

小林 辰男
  政策研究室長兼主任研究員
猿山 純夫
  首席研究員
落合 勝昭
  特任研究員

2020/07/01

 6月19日に国内の経済活動の制限は全面的に解除された。しかしコロナウイルス感染拡大前の経済に戻れるのか?第47回中期経済予測では、コロナ危機の前後で成長軌道がどう変わるか、3月に公表した第46回予測(前回予測)と比較した。またコロナ感染が長期化したうえ、昨今の米国と中国の対立が政治経済面にわたり激化し、世界恐慌を招きかねない「悪夢のシナリオ」についても検討した。標準シナリオでも経済規模(実質GD

>続きを読む
2020/07/01

コロナ危機のビフォー/アフター~債務の急拡大などで経済水準は2%低下~

感染長期化、国際摩擦の激化は、恐慌招く悪夢のシナリオ

第47回速報 2020-2035年度

小林 辰男猿山 純夫落合 勝昭

2020/03/25

デジタル&グリーン化で豊かさ維持

―縮小の常態化を避ける道筋

第46回中期経済予測 2019-2035年度

主査:田原 健吾 / コーディネーター:松尾 朋紀小林 辰男猿山 純夫落合 勝昭蓮見 亮川崎 泰史/ 石井 康広 研究生(横浜銀行より派遣)/ 浦郷 忠右 研究生(阪急阪神ホールディングスより派遣)/ 津久井 大介 研究生(東日本銀行より派遣)/ 根本 涼 研究生(日本経済新聞社より派遣)