ニュースコメント

12月短観、「レ」の字での緩やかな回復が続く

―先行き警戒感、非製造業を中心に強い―

稲葉 圭一郎
  短期経済予測主査・主任研究員

2020/12/14

【12月短観のポイント】 日本経済研究センターは、日本銀行が12月14日に公表した「全国企業短期経済観測調査」の2020年12月調査について、そのポイントを整理した。概要は以下の通り。 「最近」に関する業況判断DI(全規模・全産業)は▲15%ポイントと、前回調査対比で小幅な改善であった。景況感はL字に近い「レ」の字での改善が続いている。景況感の水準という意味では、前回調査同様

>続きを読む
2020/12/14

12月短観、「レ」の字での緩やかな回復が続く

―先行き警戒感、非製造業を中心に強い―

稲葉 圭一郎

2020/10/01

9月短観、最近の景況感、「レ」の字で緩やかに回復

―先行き改善はごく小幅、目立ち始めた業種間格差―

主査:稲葉 圭一郎

2020/07/01

6月短観、すさまじい景気の悪化と底割れ回避の将来期待

―ウィズ・コロナ時代なりのイノベーションを―

主査:稲葉 圭一郎

2020/04/01

3月短観、景況感は悪化、先行きの懸念も強く

―雇用・金融環境の悪化は限定的―

主査:西岡 慎一