短期経済予測

(2021年10-12月期~2024年1-3月期)

「供給難」の改善遅れ、21年度内の景気回復を下押し

─オミクロン株との負の相乗効果が最悪リスク─

主査:稲葉 圭一郎
  主任研究員 (短期経済予測主査)
総括:田中 顕
  副主任研究員
総括:松尾 朋紀
  研究員

2021/12/09

日本経済研究センターでは、11月16日公表の予測(「国内景気、22年度央までしっかり反発も、その後弱含み―23年度に設備投資を誘発できる税財政政策を―」、以下SA188)を改訂した。本改訂版(SA188R)は、8日に公表された21年7-9月期の国内総生産(GDP)の2次速報値(2次QE)や最近の経済の動きなどを踏まえたものである。                     【ポイント】

>続きを読む
2021/12/09

「供給難」の改善遅れ、21年度内の景気回復を下押し

─オミクロン株との負の相乗効果が最悪リスク─

2021年10-12月期~2024年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:田中 顕/ 総括:松尾 朋紀

2021/11/26

【web説明会】第188回四半期経済予測

国内景気、22年度央までしっかり反発も、その後弱含み
ー23年度、固定資本形成の動向次第ではマイナス成長もー

2021年10-12月期~2024年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:田中 顕/ 総括:松尾 朋紀

2021/11/16

第188回<速報>国内景気、22年度央までしっかり反発も、その後弱含み

―23年度に設備投資を誘発できる税財政政策を―

2021年10-12月期~2024年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:田中 顕/ 総括:松尾 朋紀

2021/09/09

自動車の一時的大減産、されど続く景気回復

─人の移動と自動車部品の供給、2つの回復が最重要─

2021年7-9月期~2023年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:田中 顕/ 総括:松尾 朋紀

2021/08/26

【web説明会】第187回四半期経済予測

21年度に反発、22年度はしっかり回復
ー医療資源の弾力的活用で景気上押しをー

2021年7-9月期~2023年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:田中 顕/ 総括:松尾 朋紀

2021/08/17

第187回<速報>21年度、デルタ株が抑える消費の反動増

―手元のワクチン接種記録書の利活用で経済活動の維持を―

2021年7-9月期~2023年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:田中 顕/ 総括:松尾 朋紀

2021/06/09

21年度前半を中心に民間消費を下方修正

─ワクチン接種を通じた移動の回復が最重要─

2021年4-6月期~2023年1-3月期

主査:稲葉 圭一郎/ 総括:松尾 朋紀