日経センター「中国研究」報告
ポスト・コロナの中国―チャイナビジネスの注目点

服部健治・中央大学ビジネススクール名誉フェロー、日中協会理事長
真家陽一・名古屋外国語大学外国語学部教授
司会)湯浅健司・日本経済研究センター首席研究員
開催:
05月14日(金) 14:00~15:30
会場:
---

*収録動画の配信期間:8月13日まで

■講師略歴
(はっとり けんじ) 1972年大阪外国語大学(現大阪大学)中国語学科卒、南カリフォルニア大学大学院卒。日中経済協会、日中投資促進機構北京代表、愛知大学、中央大学大学院教授等を経て、2021年から現職

(まいえ よういち) 1985年青山学院大学経営学部卒、2001年日本貿易振興会(ジェトロ、現・日本貿易振興機構)入会。北京事務所次長、海外調査部中国北アジア課長などを経て、16年から現職。日立総合計画研究所リサーチフェロー兼務

報告書「ポスト・コロナの中国~チャイナビジネスの注目点」の全文はこちらをご覧ください。